Loading...

123 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jan 30, 2019

1988年ソウルオリンピック, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1... / CC BY SA 3.0

#1988年ソウルオリンピック
#夏季オリンピックの歴代大会
1988年ソウルオリンピック

1988年ソウルオリンピック(1988ねんソウルオリンピック、、、)は、1988年9月17日から10月2日までの16日間にわたって韓国の首都ソウルで開催されたオリンピック競技大会である。一般的にソウルオリンピックと呼称された。

第二次世界大戦後に建国された新興国で初めて開催されたオリンピックであり、1964年東京オリンピックに続きアジアにおける2度目の夏季オリンピックである。朝鮮戦争で荒廃し、北朝鮮との分裂国家となった韓国が、経済的に復興した象徴的な出来事として捉えられている。韓国では開催年にちなんで88(パルパル)オリンピックとも呼ばれた。

ソウルオリンピックは前回の1984年ロサンゼルスオリンピックでは東側諸国が、前々回のモスクワオリンピックでは西側諸国がボイコットしたので12年ぶりにアメリカとソ連の二大国が揃った白熱した試合となり、その後の冷戦終結とソ連解体によって、この大会はソ連とほとんどの東側諸国にとって最後の参加となった。モスクワ・ロサンゼルス両方をボイコットしたイランも12年ぶりに参加し、1976年モントリオールオリンピックでは南アフリカの参加を巡って多くのアフリカ諸国や中華人民共和国も中華民国(台湾)の参加を巡ってボイコットしていたため、ほぼ全世界の国と地域が参加したオリンピックとしては、1972年ミュンヘンオリンピック以来16年ぶりとなった。なお、分裂した一方の北朝鮮は参加していない。

ソウルオリンピックの2年前には、1986年アジア競技大会がプレ大会として開催された。

ソウルオリンピックの開催は1981年9月30日、西ドイツのバーデン=バーデンで開かれた第84次国際オリンピック委員会総会で決定された。日本の名古屋市も開催を求めて立候補し、当初は優勢との見方が強かったが27対52でソウルに敗れた。名古屋市の招致活動については名古屋オリンピック構想も参考のこと。

英語版と韓国語版
を、男女混成コーラスグループ「」が歌唱した。作詞:Tom Whitlock(英語詞)、キム・ムヌァン(김문환、韓国語詞)、作曲:ジョルジオ・モロダー(Giorgio Moroder)。日本でもオリコン洋楽シングルチャートで1988年10月3日付から6週連続1位を獲得した。日本人歌手である杉田二郎、小林明子、鈴木雄大、佐藤竹善、井上大輔によってカバーされ、なかにし礼が日本語詞を手がけた。日本版タイトルは「HAND IN HAND~手に手取り~」 。

のちにコリアナは、同じく韓国で1993年に開催された大田国際博覧会の公式主題歌「그날은(その日が)」も歌唱した。

テニスと卓球が正式競技として採用され、特にテニスは1924年パリオリンピック以来64年ぶりの復活となった。女子柔道、野球、テコンドーが公開競技としてオリンピックで開催された。女子柔道とテコンドーは初開催、野球は1984年ロサンゼルスオリンピックに続いて2度目の開催。また、女子柔道、野球はバルセロナオリンピック、テコンドーはシドニーオリンピックから正式種目となる。

その後の東ヨーロッパにおける政治変動のため、ソ連および東ドイツが参加した最後のオリンピックとなった。

また、ドーピング問題に本格的に注目の集まった初の大会ともいえる。

本大会は、従来午後から夜間にかけて行われることが多かった陸上競技の多くの決勝が午前中に実施された。これは視聴率を見込めるアメリカ東部のプライムタイムに決勝を合わせるための措置で、アメリカのテレビ局NBCが多額の放映権料を支払う見返りとしてなされたものであった。2008年北京オリンピックでは、競泳や体操競技で同様の事象が起きている。

現在は、ソウルオリンピック主競技場が残るほかソウル交通公社4号線東大門歴史文化公園駅のプラットホームでは当時の壁画を見ることができる。また、松坡区の選手村のあった地区は、大会翌年の1989年に「五輪洞(オリュンドン、)」という地名が制定された。

ソウル地下鉄やその周辺で付けられている駅番号も、同時期から行われたものである。



ソウルオリンピックでは、以下のように主な問題とトラブルが発生していた。

開会式ではオリンピック賛歌の合唱、五輪旗・開催国旗掲揚、開催国である韓国の国歌愛国歌の斉唱、最終聖火ランナーが持つトーチによる聖火の点灯、そして平和の象徴の鳩が飛ばされる、という式次第になっていたが、そのとき聖火台に止まっていた数羽の鳩を聖火で...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...