Loading...

世界三大ピアノ弾き比べ!--ベヒシュタイン(C.BECHSTEIN)/スタインウェイ&サンズ(Steinway & Sons)/ベーゼンドルファー(Bosendorfer)--

7,317 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jan 30, 2019

世界三大ピアノと呼ばれているそれぞれの異なった音色を聴き比べてみてください。

▽ベヒシュタイン(C.BECHSTEIN)

1853年、カール・ベヒシュタインにより、西ドイツのベルリンで創業された。
リストやドビュッシーなど和音の多い楽曲でも、濁らずに美しい音色を表現する。
ドビュッシーからは「全てのピアノ曲はベヒシュタインの為だけに書かれるべきだ」と称賛された。
・ジャズにアレンジした楽曲でも、どこか正統派のクラシック曲に聞こえるような、鮮やかなで粒立ちのある音色が特徴。
・音の重なりが透き通っていることから、複雑なジャズコードでもぶつからずにクリアに表現できる。
・低音域~高音域までバランスが取れた音色のため、どの音域で弾いても美しいメロディーが奏でられる。
・鍵盤は重めでしっかりとしたキータッチが味わえる

▽スタインウェイ&サンズ(Steinway & Sons)

1853年、ヘンリー・エンゲルハート・スタインウェイにより、マンハッタンに設立。
ピアニッシモの演奏でも、大ホールの隅々まで1音1音を「か細くクリアで艶やかな音色」で伝えることができる。
・ダイヤモンドのきらめきのような高音が、鮮やかなメロディーを彩る。
・1音1音がきらびやかに聞こえるため、トリルのような奏法や黒鍵をひっかける奏法を際立たせることができる。
・和音の音数が少なくても十分に響く表現力が魅力。
・軽やかな弾き心地が楽しめる鍵盤。

▽ベーゼンドルファー(Bosendorfer)

1828年にオーストリア・ウィーンにてイグナーツ・ベーゼンドルファーにより創業された。
フランツ・リストより圧倒的な支持をうける。
近年のジャズ界においては、オスカー・ピーターソンが「ベーゼン弾き」としてよく知られている。
細かい手仕事による作りにこだわり、これまでに製造された総台数はわずか5万台にとどまっている。
・冬の寒い日の暖炉の前を思わせる暖かな音色が全身を包む。
・深々とした太い響きをもち、全体的にしっとりと落ち着いた重厚感のある音色を奏でる。
・音数が多くても濁らず澄んだ響きが美しい。
・アドリブで強いタッチで弾いても、艶と色気と伴った力強い音色を返してくれる。
・鍵盤は重すぎず軽すぎず、レスポンスのよい弾き心地を味わうことができる。

[演奏楽曲]

Vol01…別れの曲(練習曲作品10第3番ホ長調:フレデリック・ショパン--Frederic Chopin--)
Vol02…ダニーボーイ--Danny boy--(アイルランドに伝わる民謡に、イングランドの弁護士、フレデリック・ウェザリーが作詞し、1913年に発表。
女性の立場で男性に別れを告げる歌として解釈できる内容だが、男性歌手によっても多く歌われてきた。
両親や祖父母が戦地に赴く息子や孫を送り出すという設定で解釈されることも多い。)

[関連動画]

▽スタインウェイ | ベーゼンドルファー | ヤマハの違いが聴こえますか?
https://www.youtube.com/watch?v=FL81a...

▽グランドピアノ世界三大メーカーなど弾き比べ
https://www.youtube.com/watch?v=NP65t...

[OFFICIAL]

▽Jazzru.net OFFICIAL WEBSITE
https://www.jazzru.net/

▽Twitter
https://twitter.com/jazzru_net

▽Instagram
https://www.instagram.com/jazz_ru_net/

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...