Loading...

ドックベストセメント 失敗 その原因と対応について

561 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Aug 24, 2019

根管治療が必要となる症例は2つです。
・不可逆性の歯髄炎
・歯髄壊死
不可逆性の歯髄炎とは、細菌感染による炎症が治まることない状態をいいます。
また歯髄壊死とはそれが進行し、神経が死んでしまっている状態です。
このような状態では神経が生き変えることはないため、根管治療が必要となります。
そのような状態にあるか否かを「症状」から診断することが可能です。
以下のリンクをご参照ください。
https://miyazaki-dentalclinic.com/22012

https://miyazaki-dentalclinic.com/
当院のホームページです。お困りの際はぜひご参照ください。

当院の初診の流れについて
https://miyazaki-dentalclinic.com/22254
インプラント治療について
https://miyazaki-dentalclinic.com/11254
根管治療について
https://miyazaki-dentalclinic.com/14599
神経を残す治療について
https://miyazaki-dentalclinic.com/21762
かみあわせについて
https://miyazaki-dentalclinic.com/11554
当院へのお問い合わせ
https://miyazaki-dentalclinic.com/form
(当院の治療方針)
まず予防。そして早期発見早期治療です。
そのためには患者様には当院との永いお付き合いをお願いしております。
しかし、むし歯が深く進行した場合は、「神経を残す治療」です
徹底して神経を残す治療を行います。簡単には神経を取り去りません。
残念ながら、むし歯の進行が深く、「神経が死んでしまった(歯髄壊死)」場合は、適切なコンセプトに基づくマイクロスコープ根管治療が必要です。神経を取ることは怖いことではありません。適切なコンセプトに基づき、適切な治療環境を整えて治療に臨めば大丈夫!
しかし根管治療でも治癒しない症例があるのも事実です。その際は、歯を抜くのではなく、「歯根端切除術」で歯を残します。
それでもダメならば、歯の周囲歯槽骨を無くす前に、「抜歯即時インプラント手術」「ソケットプリザベーション」。
歯を抜かざる得なくなった場合、「両隣の歯を削りブリッジをかぶせる」「残っている歯に引っ掛けて使う入れ歯」は残っている歯に負担を強いる「古い治療法」です。当院ではおススメいたしません。これ以上残ってい歯を失わないためにも、歯に優しい治療法を選択すべきではないでしょうか。
このようなすべての局面において、「かみあわせ」への配慮が必要不可欠な知識となります。すべての局面のおいて「かみあわせ」への配慮をしつつ治療に臨みます。
(当院の設備概要)
医院の敷地面積は約50坪、130㎡ほどです。 ユニット数は5台。そのうちの2台にはマイクロスコープを常設しています。手術室として特別診療室を設置しています。すべてが個室で窓側に設置されていることから、開放感のあるリラックスできる診療室となっています。
滅菌設備は世界最高レベルのクラスB準拠の高圧蒸気滅菌機を2機用意しています。治療に使用するタービン(歯を削る機器)を滅菌するための滅菌機器、使用した治療器具の自動洗浄機機器など、最新設備で患者様の治療に臨める滅菌環境が整っています。
インプラント治療、根管治療に必要なCT(歯科用3DCT)を常設。デンタル撮影はイメージングプレートを使用し、レントゲンはすべてデジタル化しています。
マイクロスコープは、Leica社製 歯科用顕微鏡 Leica M320 F12を2機常設。精密なる歯科治療を実現します。
治療ユニットにはCT・レントゲン・メドバイザー(患者様説明用ソフト)をみることのできるディスプレイに加え、マイクロスコープで撮影した静止画・動画をみることのできるディスプレイも用意。治療前・中・後のご説明に役立て、わかりやすい歯科治療を実現します。
しかし、何と言っても当院の一番の特徴は、明るいスタッフです。明るく優しい当院のスタッフに患者様は心がやわらぐようです。
当院の治療のコンセプトは「一生に一度の歯科治療、やり直しのない歯科治療」です。
このためには徹底した歯科治療で臨むことが大切です。
徹底すべきは「無菌的配慮」です。
むし歯や歯周病は唾液中に存在する細菌の感染症です。
感染部位を取り去り、再感染しない環境を口内に構築すれば、治癒します。
このためには最高レベルの滅菌機器とマイクロスコープが不可欠となるのです。

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...