Loading...

10 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jun 20, 2019

フランク・エドガー, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1... / CC BY SA 3.0

#アメリカ合衆国の総合格闘家
#UFC王者
#UFCに参戦した選手
#イタリア系アメリカ人の総合格闘家
#ニュージャージー州オーシャン郡出身の人物
#1981年生
#存命人物
フランク・エドガー

フランク・エドガー(Frank Edgar、1981年10月16日 - )は、アメリカ合衆国の男性総合格闘家。ニュージャージー州サミット出身。イタリア系アメリカ人。ヒカルド・アルメイダ柔術所属。元UFC世界ライト級王者。UFC世界フェザー級ランキング3位。フランキー・エドガー(Frankie Edgar)とも表記される。

12歳からレスリングを始め、トムズリバー東高校時代は3度ニュージャージー州王者に輝いた。ペンシルベニア州のクラリオン大学在学中にはNCAAディビジョン1レスラーとしてオールアメリカンに選出された。卒業後は総合格闘技へ転向し、父親の配管会社に勤めながら練習を積んだ。

2005年10月29日、Ring of Combatでプロデビュー。

The Ultimate Fighter シーズン5のトライアウトに参加するも落選。しかし、その1か月後の2007年2月3日にUFC 67でUFC初参戦を果たし、総合無敗であったタイソン・グリフィンに3-0の判定勝ちを収めた。

2008年4月2日、でグレイ・メイナードに敗れ、デビュー以来の連勝が9でストップした。7月19日、でエルメス・フランカと対戦し、3-0の判定勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2009年5月23日、UFC 98で元世界ライト級王者のショーン・シャークと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。12月5日、でマット・ヴィーチと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2010年4月10日、アブダビで開催されたUFC 112でBJ・ペンの世界ライト級王座に挑戦。3-0の5R判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2010年8月28日、ペンとの再戦となるUFC 118の世界ライト級王座防衛戦では、全ラウンドを通して手数とテイクダウンの数で上回り、ジャッジ3者とも50-45のスコアを付ける3-0の5R判定勝ちを収め初防衛に成功した。

2011年1月1日、UFC 125の世界ライト級王座防衛戦でグレイ・メイナードと2年9か月ぶりに再戦。1Rにパンチで数度ダウンを奪われKO負け寸前まで追い詰められるも、驚異的なリカバリーを見せ、1-1の判定ドローで2度目の王座防衛に成功。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2011年10月8日、UFC 136の世界ライト級王座防衛戦でグレイ・メイナードと三度目の対戦。前回同様1Rにパンチで一度ダウンを奪われ、さらにもう一度跳び膝蹴りでダウンを奪われるものの、後半盛り返し4Rに右フックでダウンを奪い、パウンドでKO勝ちを収め3度目の防衛に成功。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2012年2月26日、UFC 144の世界ライト級王座防衛戦でベン・ヘンダーソンと対戦し、0-3の5R判定負けを喫し王座から陥落するも、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。また、同試合はESPNのファイト・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

2012年8月11日、UFC 150の世界ライト級タイトルマッチでベン・ヘンダーソンと再戦し、優勢に試合を進めるものの、1-2の5R判定負けを喫し王座奪還に失敗した。

2013年2月2日、フェザー級転向初戦となったUFC 156でフェザー級王者のジョゼ・アルドと対戦。驚異の粘りを見せるも0-3の5R判定負けを喫し王座獲得に失敗した。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2013年7月6日、UFC 162でチャールズ・オリベイラと対戦し、3-0の判定勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2013年12月9日、ヒカルド・アルメイダからブラジリアン柔術黒帯を授与された。

2014年、The Ultimate Fighter 19でBJ・ペンと共にコーチを務め、7月6日のThe Ultimate Fighter 19 Finaleでペンとコーチ対決として3度目の対戦。試合では終始圧倒し、3RTKO勝ち。

2014年11月8日、でフェザー級ランキング2位のカブ・スワンソンと対戦し、ネッククランクで一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2015年12月11日、The Ultimate Fighter 22 Finaleでフェザー級ランキング3位のチャド・メンデスと対戦し、左フ...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...