Loading...

【後編】高校の時に一人で天文部を楽しんだ話

68 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Oct 20, 2018

【まとめのまとめ】
チャンネル登録はこちら
https://goo.gl/QN6ioA

合宿二日目は朝から大変
忙しかったのを覚えている
佐倉先生が
「昨日はこいつ役に立ってないだろ」
と言い始めてたので、

俺と佐倉先生が朝食当番に
なり暗黒物質を作ったり今日
やりたいことを合宿当日に
会議したりしたからである
会議の結果午前中は、

山道のハイキング、お昼

(三チームに分かれて
お互いに評価する)

午後は近所の色々体験できる
ところに行き自作の
キャンドルを作る、

適当に遊ぶ、晩御飯も
チームごとに分かれて作る
そんでもって夜は
天文部らしく天体観測という
流れであった



佐倉先生との朝食作りは
とにかく大変だった俺は
料理なんて目玉焼き程度しか
出来なかったし、

佐倉先生に至っては
味噌汁しかロクに
作れなかったからだ後で
聞いた話だが、

佐倉先生は実家に住んでいるらしく、

当時は家事の大半を母親に
お願いしていたらしいまあ、

今もらしいが結局俺たちは
俺が固い目玉焼きと、

佐倉先生が薄い味噌汁、

二人でキャベツだけサラダを作った



つまり未だに関わって
いるということか!!!



微妙な朝食を済ませると
俺たちは早速ハイキングへの
準備を始めた俺は一人だけの
自室に戻り今日の
コーディネートを考えた、

まあ考えるもなにも
服に関しては妹の取り説が
ついていたので
組み合わせについては考える
必要はなかったのだが
「うーん、少し
 ちがうかなー」とか一人で
ファッションショーして
まるで普通の学生みたいな
ことしてニヤニヤしてた



リビングにいくと女子達が
既にキャッキャウフフと
盛り上がっていたどうやら
お互いの服について意見し
合っていたようだった今日の服は、

吉井がなんかフリフリの
スカートで田村さんも
ワンピースになっていた
残りの二人は普通なんかこの
頃になると俺の心はかなり
広くなっていて、

なんかもう吉井の
フリフリスカートから這い
出るボンレスハムみたいな
四肢でさえ可愛く思えたそして、

なにを思ったのか俺は朝
気まずくなったばかりの
田村さんに話しかけていた



「そ、その服可愛いですね」
ニヤニヤ「え、ありがとう」
「に、似合ってますよ」
ニヤニヤ「は、はい」この
ように大変短いやり取りを
田村さんとしたのを覚えている、

今思うと田村さんは気持ち悪
がってた気がしてならないが
当時の俺はなぜか
「きまった!!」と、
お花畑な脳みそで感動して
いた佐倉先生は部屋に呼びに
行くとまだ服を選んでいた、

「運命の出会いはいつ来るか
 わからないからな」

とか言いながら真剣な顔を
して服を選んでいたのが
可愛かった結局俺の意見で
スカートを穿いて頂いた



ハイキングは思ったよりも
楽しかった長野は地元より
少し涼しいこともあり、

のんびり歩く分には気持ちが
良かったし自然の中を歩くと
自然と心が穏やかになって
皆との会話も弾んだまあ、

俺は荷物持ちで会話にも入っ
てなかったから
「楽しいの?」と聞かれたら
答えに困るが人が近くにいて、

楽しそうに会話してるのを
見るだけで俺もなぜか
楽しかった佐倉先生は
最後尾で死にそうになってた



残念ながら佐倉先生の運命の
男性は現れることがなく、

というか他の人と全く遭遇
しないままハイキングは
終わった流石にみんな疲れた
のかコテージにつくと
いっせいにソファーに倒れ
こんでいた、

吉井はジュース飲みに
行ったけど佐倉先生はもう
死にそうだった、

途中からは立ち止まって
しまい中々歩き
ださなかったくらいだ今
考えるとちっこい先生だから
歩幅もちっこくて大変だった
んだと思う当時の俺はそんな
ことには気がつかずに、

「がんばりましょうねー」
とか言っていつもはクールな
佐倉先生をいじって遊んでいた



休憩後、皆でお昼を作る
ことになった朝の会議で
チームに分かれて作ることは
決まっていたので、

とりあえずチーム分けをした
結果として、

俺は死神と組むことになった他には、

先生と吉井、田村さんと
内田さんという組み合わせに
なった俺たちのチームは
死神が以外とできる
女だったので結構テキパキと
調理が進んだといっても、

俺がやったのは精々芋の皮
むき程度だったのだが他の
チームよりも早く調理が
終わってしまったので死神と
タイマンで会話にも挑戦して
みた俺は終始気持ちが
悪かったと思うが死神は案外
優しくて俺とも楽しそうに
会話してくれた



しばらく死神と会話をして
いると他のチームも続々と
調理を終えたようであった
「せーの!」でそれぞれの
作品を見せ合ったお互いの
作品を見て最初に俺が抱いた
印象は茶色の一言であった俺&死神、

肉じゃが先生&吉井、

生姜焼き的な何か田村&内田、

煮魚という感じであった



合宿でつくるメニューなのかそれw



結果として料理は全部
美味しかった俺たちの
肉じゃがも無難な味をしていたし、

生姜焼きもいい味だった特に
煮魚は思わず惚れて
しまうくらい美味しかった
みんなでお互いの料理に意見
したりしながら昼食は楽しく
進んだ佐倉先生は自分の
作った料理を自慢げに俺に
見せてきたけど、

吉井のおかげであって佐倉
先生はあんまり関係ない
んだろうなと俺は思ったまあ、

楽しそうだったから何も
言わなかったけど



昼食を終えて少し休憩を
はさんでから、

俺たちは佐倉先生の運転で
キャンドル作りにむかった
キャンドル作りの体験教室に
行くと俺たちの他にも
子連れの家族や
カップルなどが数グループ
体験場に集まっていた
それから説明を聞き、

少し苦労しながら
キャンドルを作った
キャンドルを作っての感想だが、

意外だったのだけど
キャンドル作りが案外簡単で
初心者でも結構綺麗な
キャンドルができた
ことだった透明な蝋に着色
して海みたいにしたり、

ビーズを入れたりして
俺たちは思い思いの
オリジナルキャンドルを作った



佐倉先生を見ると、佐倉
先生は欲張ってビーズを入れ
すぎたので蝋がケースから
漏れていたなんか
可哀そうだから手伝って
あげて一緒にもう一つ作った
のも今となっては良い
思い出だとまぁ、

そんな感じで合宿二日目の
キャンドル作りは大盛況の
うちに終わったみんな
楽しそうにしていたし、

形として思い出に残るものが
できたので俺も嬉しかったそのあと、

コテージに戻った俺たちは
すっかり機嫌が良くなった
佐倉先生の提案で
かくれんぼとかをして晩
御飯までの時間を楽しく過ごした



先生子供すぎる

あとオレたちを鬱にしない
話しだよな期待



こういうのって旅行から帰った瞬間に

みんないつもの距離感に
戻ってしまうんだよな…

先生ぺろぺろ



登場人物全員が健全で本当に
羨ましいし微笑ましいわwww



晩御飯もチームに分かれて
つっくた俺は佐倉先生と組む
ことになった、

結果については
言うまでもないと思う晩
御飯を食べ終わると
みんなで第二回の天文部天体
観測に出かけた二日目という
こともあり、

皆は会話をしながら天体
観測を楽しんでいた
ようであった天体観測を
始めてから一時間ほどが
経った頃だっただろうか、

佐倉先生が突然
「きもだめしだな」と
意味不明なことを言い
始めたので肝試しをすることになった



さくちゃんオチャメすぎる



肝試しといっても特に
お化け役がいるわけでもなく、

コテージの周りを一周
するだけという単純な
ものであった二人組で行く
ことになったけど

「お前と女の子を夜道で二人
 きりにするのは心配」

という佐倉先生の粋な計
らいもあり俺は真っ暗な中
一人で肝試しをすることに
なった他のメンバーは
二人組と三人組を組み
肝試しに臨んだ俺は三組中の三番、

ラストの出発となった



お前だけ散歩じゃねーかwww

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...