Loading...

アキーラさん訪問①ソフィア・アレクサンドル・ネフスキー大聖堂(寺院)Aleksandar Nevski Memorial cuhurch in Sofia,Burgalia

50 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Sep 5, 2016

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明のホームページは下記
http://yukokunoshi-akira.com/
アメブロ(憂国の士アキーラ世界1周・日本1周旅行記のブログ)は下記をクリック
http://ameblo.jp/yukokunoshi

Youtube別チャンネル(憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2)
https://www.youtube.com/channel/UCU73...

Youtube別チャンネル(ジャーナリスト大川原 明)
https://www.youtube.com/channel/UCEfs...

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂は、ドームが交差するバシリカ建築で、特に中央のドーム部分が強調されている。金メッキされた聖堂のドームは45メートルあり、鐘楼を含めると50.52メートルの高さを誇る。寺院は総重量23に及ぶ12個の鐘を備え、その中でも最も重いものは12トンで、最も軽い鐘は10キログラムしかない。内部は様々な色で彩られたイタリアの大理石やブラジルのシマメノウ、アラバスターと豪華な素材で装飾されている。中央のドームは、天主経が薄い金の文字で彫刻されている。

大聖堂の地下聖堂にはブルガリアの聖像の博物館があり、ブルガリア国立美術館の一部分を成している。また、教会側はこの博物館が、ヨーロッパにおける正教会聖像の最も大きなコレクションであると主張している。大聖堂の周辺では、小さなフリーマーケットで手製の織物やアンティークを購入することができる。このソフィアにあるアレクサンドル・ネフスキー大聖堂は、3170平方メートルの敷地面積で、5千人を収容できる。
アレクサンドル・ネフスキー大聖堂の建設が開始されたのは1882年のことで(1880年から建設計画が練られていた)、この際礎石が置かれたが、その後1877年の露土戦争で戦死したロシア兵を讃えて、実際は1904年から1912年に建設された。これはこの戦争により、ブルガリアがオスマン人の支配から解放される結果となったためである。大聖堂はアレクサンドル・ポメランツェフによりデザインされ、アレクサンドル・スミルノフとアレクサンドル・ヤコフレフが援助を行った。イヴァン・ボゴモロフによる最初の1884年~1885年の計画は、このポメランツェフによって根本的に変更されている。最終的なデザイン案は1898年に構想が完了し、建設と装飾はこれまで述べた建築家以外にも、ブルガリア人・ロシア人・オーストリア系ハンガリー人ほかヨーロッパの芸術家・建築家チームと共に、ペトコ・モムチロフ、ヨルダン・ミラノフ、ハラランピ・タチェフ、イヴァン・ミルクヴィチカ、A・キセリョフ、アントン・ミトフ等のアーティスト・建築家達が携わった。大理石の部分と照明設備はドイツのミュンヘンで、門の金属部はベルリンで製造されたが、一方で門自体はオーストリアのウィーンにあるカール・バンベルク工場で製作され、モザイクはイタリアのヴェネツィアから輸送されたものである。

大聖堂の名称は、1916年から1920年の短期間のみ「聖キュリロスと聖メトディウス大聖堂」に変更されていたが、その後は元の名称に戻された。1924年に、アレクサンドル・ネフスキー大聖堂は文化遺跡として示されている。

平成28年(2016年)8月23日~31日にブルガリア政府観光庁の招待旅行(ファムトリップ)に参加しました。ブルガリアは平成24年(2012年)7月に訪問して以来2回目の訪問です。前回はソフィアだけですが、今回は、多くの都市を訪問しました。

訪問した都市は、ソフィア→プロヴディフ→シプカ峠付近→カザンラク→カルロヴォ→ヒサリャと訪問。ソフィアからブルガリア中部を周りました。政府観光庁がミニバスを手配してくれたので、それに乗り、日本に13年間住んでいたブルガリア人の日本語ガイドの方に案内してもらえました。

ブルガリアは、東ヨーロッパの共和制国家です。 バルカン半島に位置し、北にルーマニア、西にセルビア、マケドニア共和国、南にギリシャ、トルコと隣接し、東は黒海に面しています。首都はソフィアです。住民は、 スラヴ系のブルガリア人が83.9%、トルコ人が9.4%、移動型民族のロマ人が4.7%。

ブルガリアの料理は、周辺のバルカン半島諸国と類似するものが多く、ひき肉料理や煮込み料理、シレネと呼ばれるヤギの乳からつくられるチーズ、ヨーグルトなどが代表的。ヨーグルトに相当する醗酵乳食品は他の国にも存在するが、ブルガリアのヨーグルトが日本のみならず世界的に有名になっている。これはロシアの微生物学者イリヤ・メチニコフが、ヨーグルトは長寿に効果があるとしてヨーロッパ中に広めたからである。

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...