Loading...

#フランスの駆逐艦

ル・ファンタスク級大型駆逐艦

5 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on May 16, 2019

ル・ファンタスク級大型駆逐艦, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=7... / CC BY SA 3.0

#フランスの駆逐艦
ル・ファンタスク級大型駆逐艦

ル・ファンタスク級大型駆逐艦(Contre-Torpilleur de classe Le Fantasque、Le Fantasque Class Destroyer)は、フランス海軍が建造した大型駆逐艦の艦級で6隻が就役した。

本級は1930年度計画によって建造された、ヴォークラン級大型駆逐艦に続くジャグアー級大型駆逐艦の準同型艦である。前級のヴォークラン級に対してボイラーが1基減じられ、4本だった煙突も排煙路を2本に集束した集合煙突の2本にされた。また砲身も長砲身型の13.8cm(50口径)速射砲に改められ、従来のジャグアー級の後継艦とは一変したシルエットとなった。

本級の船体形状は艦首のみ乾舷の高い短船首楼型船体である。クリッパー型の艦首から前部甲板上に、主砲の「1929年型 13.9cm(50口径)速射砲」を防盾の付いた単装砲架で背負い式配置で2基。2番主砲塔の基部から上部構造物が始まり、その上に上部に測距儀を載せ、両脇に船橋(ブリッジ)を付けた箱型の操舵艦橋が立ち、それを基部として簡素な単脚式の前部マストが立つ。

船体中央部には前後に離された2本煙突が立ち、55cm魚雷発射管が三連装で1番・2番煙突の側面に片舷1基ずつと2番煙突の背後に1基の計3基で片舷あたり6門が向けられた。煙突の周囲は艦載艇置き場となっており、1番煙突の側面に片舷1基ずつのクレーン計2基により運用された。副武装である3.7cm連装機関砲は2番煙突の側面に片舷1基ずつ計2基が配置された。軽量化のために後部マストは存在せず、2番煙突の左右にヤードを付けて、前部マストからの無線のアンテナ線を展開した。その2番煙突の背後に後部指揮所が設けられ、後部甲板上に上部構造物が設けられ、後部見張り所を挟んで3番・4番主砲が背中合わせに2基が配置。そこから後部甲板上に5番主砲が後ろ向きに1基の計5基が配置されていた

主砲は新設計の「1929年型 13.9cm(45口径)速射砲」である。その性能は40.6kgの砲弾を仰角30度で20,000mという射程を得ていた。この砲を単装砲架で5基を搭載した。俯仰能力は仰角30度・俯角10度である。旋回角度は単体首尾線方向を0度として左右150度の旋回角度を持つ。発射速度はカタログデーターは毎分7発である。

対空火器として「オチキス 3.7cm(50口径)機関砲」を採用した。その性能は2.8kgの砲弾を仰角45度で7,150m、最大仰角で高度4,200mまで届かせる能力があった。これを連装砲架で2基を搭載した。砲架の俯仰能力は仰角80度・俯角15度である。旋回角度は360度の旋回角度を持つが実際は上部構造物により射界を制限された。発射速度は毎分42発である。

他に近接火器として「オチキス 13.2mm(76口径)機関砲」を採用した。その性能は51gの砲弾を仰角45度で7,200m、最大仰角で高度5,500mまで届かせる能力があった。これを連装砲架で2基を搭載した。砲架の俯仰能力は仰角90度・俯角10度である。旋回角度は360度の旋回角度を持つが実際は上部構造物により射界を制限された。発射速度は毎分450発である。他に主砲では手に負えない相手への対抗として55cm魚雷発射管を三連装で計3基装備した。

就役後の1941年に「ランドンターブル」は3.7cm機関砲を連装砲架で3基を追加した。

自由フランス海軍の「ル・トリオンファン」は1940年に4番主砲である13.9cm速射砲1基を撤去し、代わりにイギリス製の「10.2cm(45口径)高角砲」を単装砲架で1基を搭載した。更に近接火器として「ヴィッカース 4cm(39口径)ポンポン砲」を単装砲架で2基、同「ヴィッカーズ 12.7mm(62口径)機関銃」を四連装砲架で1基、同連装砲架で2基、単装砲架で2基を搭載した。1942年に「ル・トリオンファン」は「エリコン 2cm(76口径)機銃を単装砲架で7基を搭載した。

1943年から1944年にかけて「ル・ファンタスク」「ル・テリブル」「ル・マラン」「ル・トリオンファン」は近代化改装が行われた。このうち「ル・ファンタスク」「ル・テリブル」は3.7cm連装機関砲2基と13.2mm連装機銃2基と55cm三連装魚雷発射管1基を撤去し、新たに対空火器として「ボフォース 4cm(56口径)機関砲」を四連装砲架で1基を搭載し、エリコン 2cm単装機銃8基(「ル・マラン」「ル・トリオンファン」は10基)を追加。またレ...

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...