Loading...

#1905年生 #1970年没 #ヴォルィーニ県出身の人物

エイブラハム・ザプルーダー

19 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jun 10, 2019

エイブラハム・ザプルーダー, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1... / CC BY SA 3.0

#1905年生
#1970年没
#ヴォルィーニ県出身の人物
#アメリカ合衆国の人物
#東欧ユダヤ系アメリカ人
#ロシア帝国のユダヤ人
#ケネディ大統領暗殺事件の人物
エイブラハム・ザプルーダー

エイブラハム・ザプルーダー(Abraham Zapruder 1905年5月15日 - 1970年8月30日) は、アメリカ合衆国 テキサス州ダラスの婦人服製造業者で、1963年に同市を訪れたアメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディの車列をフィルム撮影したことで知られる人物。偶然にもフィルムにケネディの暗殺が撮影されたため、このフィルムは後にザプルーダー・フィルムと呼ばれ、映像による暗殺の完全な記録として有名になった。

エイブラハム・ザプルーダー()は1905年、当時帝政ロシア領であったウクライナ の都市コーヴェリで、ロシア系ユダヤ人の家庭に生まれた。ザプルーダーはウクライナでは、公式な教育を4年間しか受けていない。1920年、ロシア内戦の混乱の最中、一家はアメリカへ脱出、ニューヨークのブルックリン区に定住した。マンハッタン区のガーメント地区で服飾製造の職を得たザプルーダーは、妻リリアンと1933年に結婚、2人の子供に恵まれた。

1941年、友人からの誘いにより、ダラスに移住、スポーツウェア会社の "Nardis" に勤務した。1954年には、友人と共同で婦人服製造会社 Jennifer Juniors, Inc. を設立し、会社は "Chalet" そして "Jennifer Juniors" という2つのブランドを生み出した。 彼の事務所は暗殺発生現場のディーリー・プラザ沿いのビルにあった。そのビルはリー・ハーヴェイ・オズワルドが大統領に向けて銃撃を行ったとされる、テキサス教科書倉庫ビルの通りを挟んですぐ東隣にあった。

ザプルーダーは民主党支持者で、ケネディ大統領の崇拝者であった。ケネディがすぐ近くのディーリー・プラザにやって来ることを知ったザプルーダーは、大統領の車列を見物しようと考えた。彼はもともとカメラを持っていくつもりはなかったが、秘書からの勧めにより、ザプルーダーは一旦自宅に戻り、家から1962年に購入したベル&ハウエル社製のカメラを持参して大統領の車列を撮影した。

ザプルーダーが所持していたカメラは、ベル&ハウエル社製414 PD式8mmカメラで、暗殺を撮影した時には中にコダック社製の安全フィルム、Kodachrome II 8 が入っていた。ザプルーダーは大統領の車列を、エルム通り (暗殺発生現場) に面したコンクリート製のパーゴラ (the Bryan Pergola) の一番西側の端の上に立って撮影していた。姿勢を安定させるため、会社の受付係の女性が背後からザプルーダーを支えていた。この時撮影された歴史的フィルムが、いわゆる『ザプルーダー・フィルム』で、全体で486コマ、映写速度にして約26.6秒の記録である。

ザプルーダーは事務所に帰る途中で、地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」の記者に会う。2人はザプルーダーが撮影したフィルムについて話し合い、後にザプルーダーの事務所で再び会うことを約束する。記者はその後すぐ、彼の知人であるシークレット・サービスダラス事務所の職員に会い、記者は彼にザプルーダーのフィルムのことを伝える。2人はその後1時間以内に、一緒にザプルーダーの事務所を訪ねた。ザプルーダーは自分が撮影したフィルムの重要性を認識してフィルムを売ることを考えていたが、つい先ほど目撃した光景によりショックを受けていた彼は、シークレット・サービスの職員に暗殺事件の捜査にのみ使用するという条件でフィルムを手渡すことに同意する。彼らはフィルムを地元のテレビ局「WFAA」に持ち込み現像を試みた。作業の間、ザプルーダーはWFAA の番組に生出演して目撃した暗殺の様子や、自分が撮影したフィルムについて語り、ケネディが頭部のどの辺りに銃撃を受けたかも話している。暗殺発生から2時間も経っていない頃である。

しかし、WFAA は8mmフィルムを現像できなかったため、フィルムはダラスのコダック社の現像所に持ち込まれ、直ちに現像されることになった。コダック社の現像所には8mmフィルムをコピーする設備がなかったため、フィルムは他の現像所がコピーを3本作った後、現像のためコダック社に戻された。ザプルーダーはオリジナルとコピー1本を保有し、他の2本のコピーをシークレット・サービスの職員に渡した。彼はそれらをすぐにワシントンの本部へ送った。

その晩1...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...