Loading...

語呂合わせ日本史〈ゴロテマ〉68(近現4/日米修好通商条約)

934 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Nov 5, 2012

【受験対策講義】です。今回は日米修好通商条約(1858年)です。

[ポイント]
1.日米修好通商条約はハリスと下田奉行井上清直・目付岩瀬忠震がふたたび神奈川で調印。
2.アメリカに領事裁判権を供与し、日本側に関税自主権がない(協定関税ともいう)不平等条約だった。
3.下田(横浜開港後に閉鎖)・箱館に加え神奈川・長崎・新潟・兵庫の5港開港と江戸・大坂の開市とする。
【注意】(条約文では神奈川だがのち横浜に替わる)→2012関西学院大/文法などで、この違いが分からぬと解けぬ史料問題有り)
4.関税は輸出税5%、輸入税は平均20%の従価税。
5.調印時の幕政責任者は井伊直弼。

■国内外で予備校のない地域、予備校はあっても経済的理由その他でパスしている人向けです。デジカメ一発固定撮りの、素朴で下手くそな動画ですが、お役に立てればとてもうれしいです。なおゴロ句は苦労の発明品なので、無断複製・転載は禁止です。

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...