Loading...

12 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 1, 2019

チャイナ・ミエヴィル, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1... / CC BY SA 3.0

#イギリスのファンタジー作家
#イギリスのホラー作家
#ローカス賞作家
#世界幻想文学大賞受賞者
#グッゲンハイム・フェロー
#ウォーリック大学の教員
#ノリッジ出身の人物
#ブレント区出身の人物
#1972年生
#存命人物
チャイナ・ミエヴィル

チャイナ・ミエヴィル("China Tom Miéville"、、 - )はイギリスのファンタジー作家。チャイナ・ミーヴィルとの表記も。自身の作品を(特にH・P・ラヴクラフトのような20世紀初期のパルプ・マガジンに掲載されるような)「怪奇小説」と説明することを好んでいる。またファンタジーを商業主義や陳腐なJ・R・R・トールキンのエピゴーネンから排除することを目的とする、ニュー・ウィアードと呼ばれるゆるやかな作家グループに属している。

(アメリカ)と国際社会主義ネットワーク(イギリス)の一員として左翼的政治活動を行っている。そしてメンバーだったが、2013年にの創設メンバーとなった。2001年イギリス総選挙では「」選挙区でから立候補。マルクス主義と国際法に関する博士論文を出版、ウォーリック大学において創作の講座を持ち、2012-13年にはシカゴので客員作家として滞在した。

ミエヴィルはイギリスノリッチで生まれ、ロンドン北西部ウィルズデンで育った。両親はミエヴィルの誕生後しばらくして離婚しており、女兄弟一人と教師である母と共に暮らし、「父について知ることは全くなかった」と言う。2年間勉強したオーカム・スクールを卒業し、1990年18歳の時1年間エジプトに滞在し、英語の指導を行った。この場所でアラブの文化や中東の政治に対する興味を培う。

1994年ケンブリッジ大学で社会人類学の修士課程を修了。1995年ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスにおいて国際関係論の博士号を取得、2001年国際法学の博士課程を修了。またフランク・ノックス記念奨学金を受け、ハーバード大学でも学ぶ。博士論文のタイトルは"Between Equal Rights: A Marxist Theory of International Law"であり、2005年ブリル出版よりイギリスで"Historical Materialism"のシリーズで刊行され、2006年よりアメリカでも刊行された。

2009年には、二つの都市が混在する国家でを舞台にした警察小説『都市と都市』で英国SF協会賞、アーサー・C・クラーク賞、ヒューゴー賞、世界幻想文学大賞、ローカス賞の5つの賞を受賞、アーサー・C・クラーク賞では初の3度目の受賞を果たした。

ミエヴィルの作品は現代の多くのファンタジー・ホラー作家と同じく、20世紀初頭のパルプ・フィクションから現代のテレビ番組や映画から影響を受けている。彼はM・ジョン・ハリスン、マイケル・デ・ララベッティ、マイケル・ムアコック、トマス・M・ディッシュ、チャールズ・ウイリアムズ、ティム・パワーズ、J・G・バラードを自身の『ヒーロー』として挙げている。またH・P・ラヴクラフト、マーヴィン・ピーク、ジーン・ウルフからの影響についても頻繁に言及する。ミエヴィルは自身の小説を、「ニュー・クロブゾンは架空の都市であるが、イアン・シンクレアが描写するロンドンに対するように」読ませたいと語る。

青年時代に『ダンジョンズ&ドラゴンズ』や同様のロールプレイングゲームを多くプレイした経験があり、その経験や同ジャンルへの知識をふまえ、架空の魔術および技術の体系化を行う傾向がある。また『ペルディード・ストリート・ステーション』において「金や経験値」のみにしか興味のないキャラクターへの肯定を行っている。

実際ミエヴィルの二つの作品の世界観は、『ダンジョンズ&ドラゴンズ』のルールシステムにコンバートされた。"Dragon Magazine"誌2007年2月号に掲載されている。
2008年2月には《バス=ラグ》シリーズの世界観を元にしたRPGが開発中であると"Adamant Entertainment"より発表された。
2010年2月には、『Pathfinder RPG』のサプリメント(設定資料集)の著者に名を連ねている。同RPGを出版しているPAIZO社は、ミエヴィルの処女作を収めた短編集も出版している。

ミエヴィルはトールキンを馬鹿馬鹿しく保守的と評しており、ファンタジーからトールキンの影響を排除することを積極的に試みている。

『言語都市』(2011年)は、人類が言葉による意思疎通が不可能な種族の住む惑星で、人類と異種族のコミュニティにおける奇妙で...

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...