Loading...

#ロッシーニのオペラ #19世紀のオペラ #イタリア語のオペラ

ランスへの旅、または黄金の百合咲く宿

18 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on May 4, 2019

ランスへの旅、または黄金の百合咲く宿, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=4... / CC BY SA 3.0

#ロッシーニのオペラ
#19世紀のオペラ
#イタリア語のオペラ
#カンタータ
#ランス
#戴冠式
ランスへの旅、または黄金の百合咲く宿

『ランスへの旅、または黄金の百合咲く宿』("Il viaggio a Reims ossia L'albergo del giglio d'oro" )は、1825年に挙行されたフランス国王シャルル10世の戴冠式のためにジョアキーノ・ロッシーニによって作曲された全1幕のドラマ・ジョコーソである。初演はカンタータ形式で行なわれたため、「劇的カンタータ」と呼ばれることもある。通常『ランスへの旅』 ("Il viaggio a Reims" ) とだけ表記される。

1825年のシャルル10世の戴冠式のため、パリ中の劇場が戴冠式とフランスの栄光を讃えた作品を上演する事を計画していたが、当時イタリア劇場の音楽監督に就任していたロッシーニも例外ではなかった。彼の戴冠式を記念して新国王とブルボン家の復古王政を讃えるためにこの作品の作曲に着手したのだった。なお、歴代のフランス国王の戴冠式はランスの大聖堂で行われてきたが、シャルル10世の戴冠式が結局はランスでおこなわれた最後のものになった。現在、ランスのトー宮殿には、このときの戴冠式で使われた品々などが展示されている。

こうして、フランスの保養地プロムピエールにあるホテル「黄金の百合」(フランス国王の紋章はフルール・ド・リス、すなわち青地に金色の百合の花)を舞台にして、戴冠式を見に来たヨーロッパ各国の人々が1825年5月28日(これはシャルル10世の戴冠式の前日)に繰り広げるたわいのないドタバタコメディーが完成したのである。

完成した作品は、戴冠式で盛り上がる1825年6月19日にパリのサン・ルーヴォア劇場で初演され、ジュディッタ・パスタをはじめとする、当時パリで活躍していた最高のベルカント歌手ばかりがキャステングされたことと、題材のタイムリーさで大成功を収めた。この作品を評して作家スタンダールが「ロッシーニの最も優れた音楽」と呼ぶほどであった。

しかし戴冠式の熱狂が去ると、この期間限定の作品は劇場のレパートリーから消え、作品の楽譜もロッシーニ自身によって回収され、そのメロディーの一部が『オリー伯爵』(1828年初演)に転用された。そしていつしか楽譜も散逸し、この作品が上演される事はなかった。

1970年代後半から「ロッシーニ・ルネサンス」と呼ばれるロッシーニ再評価の動きに伴い、散逸していた『ランスへの旅』の楽譜の復元が行なわれた。この復元のためヨーロッパ中からロッシーニの直筆譜が集められ、慎重な研究によってなされた。

こうして復元された作品は、1984年にロッシーニの故郷ペーザロのロッシーニ・フェスティバルで「ロッシーニ・ルネサンス」の立役者の一人クラウディオ・アバドによって実に約150年ぶりに蘇演され、同時にドイツ・グラモフォンによって世界初の録音も行なわれた。その後、この作品はアバドによってミラノ・スカラ座やウィーン国立歌劇場でも取り上げられ、1992年10月にはベルリン・フィルでアバドの指揮にシルヴィア・マクネアー、ルッジェロ・ライモンディといった豪華キャストで上演され、大成功を収めている。

以下の記述は1992年10月に行なわれたベルリン・フィルの「ランスへの旅」(ソニー・クラシカルから発売)のCDを参考にした。


プロンピエールにあるホテル「黄金の百合」では、朝から国王の戴冠式に向かう人々の世話に女将のコルテーゼ夫人や女中頭のマッダレーナ、ボーイ長のアントニオもおおわらわである。ホテルのドクタードン・プルデンツィオも、食事の献立まで気を使う熱の入れよう。これも戴冠式を見るために集まった各国の貴族達にホテルの名を売るためである。そこへフォルヌヴィル伯爵夫人がやってくる。流行に目が無い彼女は、「今度の戴冠式のために流行の衣装を沢山用意しているけど、まだ届かないの」と小間使いのモデスティーナに催促している。するとそこに夫人の従弟のルィジーノが、「馬車の事故であなたの衣装はだめになった」と告げる。あまりのことに失神する夫人。助けを呼ぶルィジーノの声にドン・プルデンツィオ、トロムボノク男爵もやってくるが、騒ぐだけで役には立たない。そこへモデスティーナが、「帽子だけは無事でした」と流行の帽子が入った箱を持ってくる。それを聞いた夫人は「神様ありがとう!」といって立ち直る。この様子に他の面々はあきれる。

一同がトロムボノク男爵を残して退場すると、男爵はアントニオを...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...