Loading...

3 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jun 14, 2019

ポモリエ, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1... / CC BY SA 3.0

#ブルガス州の都市
#古代ギリシアの植民都市
#ブルガリアのローマ都市
#ブルガリアの考古遺跡
#ブルガリアのラムサール条約登録地
ポモリエ

ポモリエ(ブルガリア語:、ラテン文字転写:"Pomorie"、旧称はギリシャ語でアンヒアロス、、"Anchialos"、ラテン語でアンキアルス、Anchialus、ブルガール語でトゥトム、"Tuthom"、ブルガリア語でアンヒアロ、、"Anhialo"、トルコ語でアフヨル、)はブルガリア南東部、ブルガス州に位置する町で、黒海沿いのリゾート地。黒海岸のブルガス湾にある細い岩の半島の中にある。ブルガスから20キロメートル、サニー・ビーチから18キロメートルに位置している。塩分の強い潟湖であるポモリエ湖(、"Pomoriysko ezero"、)はブルガス諸湖(Бургаски езера、"Burgaski ezera"、)の北端に位置している。

ポモリエは古代都市であり、今日では重要な観光地となっている。位置はである。

アンヒアロス(ポモリエ)は、おそらく紀元前5世紀から紀元前4世紀ごろ、アポロニア(Apollonia、現在のソゾポル)の植民地として建設されたと考えられ、その名前はストラボンの「"Geographica"」に小さな町として記載されている。紀元前2世紀、アンヒアロスは一時期メッセンブリア(Messembria、現在のネセバル)によって征服されたが、アポロニアによって再征服され、要塞化された壁は破壊された。アンヒアロスの名前は古代ギリシャ語の「anchi-」(近くに)と「als-」(塩、あるいは海を表す詩的な語)に由来している。紀元前72年-紀元前71年頃から始まったローマ帝国の攻勢の後、黒海西岸地域は紀元前29年から紀元前28年にかけて、マルクス・リキニウス・クラッスス統治下のローマ帝国によって完全に征服された。アンヒアロスの要塞化城壁はこの間に再び建造されたことが、トミス(コンスタンツァ)へ向かったオウィディウスによって紀元9年に明らかにされている。紀元1世紀初期、アンヒアロスはオドリュサイ王国()の戦略的拠点となり、ビザンティン帝国初期の歴史家プロコピウスによると6世紀にはトラキア人が居住していた。オドリュサイ王国の自治独立は紀元45年に停止され、アンヒアロスはローマ属州トラキアの一部となり、町は公式に皇帝トラヤヌスのものと宣言された。この頃、町はアウグスタ・トラヤナ(スタラ・ザゴラ)に接する広大な領地を支配し、西はトゥンジャ()、北はメッセンブリア、南はブルガス湖()にまで及んでいた。アンヒアロスはローマ都市の様相を呈し、特に2世紀から3世紀にかけてセウェルス朝の元で大きく栄え、トラキアで最も重要な輸出入の拠点として富を蓄えた。

しかしながら、3世紀中ごろの北方からの蛮族の侵入によってその栄華は終わりを告げ、270年にはゴート族によって一時的に町は征服された。ディオクレティアヌスは294年10月28日から10月30日までアンヒアロスに滞在した。ディオクレティアヌスおよび大帝コンスタンティヌス1世の修復によって町は再び繁栄を取り戻し、帝国の新しい首都となったコンスタンティノポリスへの地理的な近さによって、アンヒアロスは食料供給拠点となった。

東ゴート王国のテオドリック大王が476年にアドリアノープルへの途上でアンヒアロスを訪れた。ビザンティンの高位の将軍ウィタリアヌス(Vitalian)は513年にこの地域で反乱を起こし、515年に将軍が敗北するまでの間、一時的にアンヒアロスや周辺の町を支配下に置いた。これは将軍によるコンスタンティノープル攻撃のためにこの地域の船を利用するためであった。5世紀から6世紀にかけてアンヒアロスは自治大主教区(autocephalous archbishopric)となった。

スラヴ人とアヴァール人が侵入し584年にアンヒアロスは征服され、その城壁は破壊された。アヴァールのカーガーンであるバヤン(、"")は町に数ヶ月にわたって居住し、ビザンティンとの間に講和条約を結んだ。ビザンティンの皇帝マウリキウスによる北方への征伐の直前に、皇帝は町の復興を見るためにアンヒアロスを訪れた。

681年以降、第一次ブルガリア帝国の形成の過程において、アンヒアロスは2つの帝国の衝突の中で重要な役割を果たした。708年にビザンティンの皇帝ユスティニアノス2世の軍は、この近辺でブルガリア帝国のハーン、テルヴェル(、"")によって完敗させられた。763年6月30日、テレツ(、"")率いるブルガール人の...

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...