Loading...

15---ケネディ暗殺は 影の政府==ロス一族の指令!!!--- Ngo未来大学院=NFS=NGO FUTURE SCHOOL

239,045 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 15, 2014

説明 長らく未来科学の発展を阻止してきたとされる 宮城県出身の大槻教授が 山口敏太郎博士らの厳しい科学的な質疑に対して ついに窮して真実を証言し NASAや国家行政機関 米国や日本等の学術界等の御用科学者であることを公務証言されました。
  かつて 米国のUFO裁判やNASA裁判でもCIAやNSA の情報官や科学者らが告発の証言をして勝訴しました。
   さらにUFO宇宙船の開発や遠隔透視(RV)等の国家最高機密の軍事科学計画(NMSP)に参加して国民の貴重な税金を使った開発は 明らかに国民主権の原則に反していること。  さらに 国家が 学術界にフリーメイソンの巨額の資金を配分して米国内だけでなく全世界的な規模で 学術界等を情報工作してきたことが 関係者により告発と公務証言が なされました。
   この例にもれず 大槻教授も 日本の学術界を情報工作する科学者組織の一員として参加してきたことを暗に認めました。
   科学的に吟味・検討すると彼らの証言には 無理があり ハッタリで科学者からぬ姿勢が問題だとの同僚の科学者たちからの証言も少なくありませんでした。
  米国の国策であるUFO-ETI隠ぺい政策は 完全にフリーメイソンを主力とした影の政府:SEGに牛耳られており 例えば ロズウェルUFO-ETI事件も ケネディ暗殺事件も その他 アブダクション事件 UFO宇宙船開発 遠隔透視開発・・・ 未来科学的なテクノロジーをオリオン政府連合からサポートされて地球を代表する最高権力機関としてSEGを構築したことが 多くの関係者たちの証言等で明確となってきました。
   いずれにしても 地球人類のために彼らは働いておらず フリーメイソンの富の蓄積や支配権の拡大のために活動しているのです。
  SEGの実態解明の科学研究調査は 彼らの妨害活動により 大変な犠牲と被害を受けており まさに ケネディ一族の連続暗殺事件は 
SEG:影の政府の利益・維持・発展のために実施された暗殺事件であり 極めて悪質で組織的で完全なる世界支配を推進するための国家犯罪あるいは世界的な組織犯罪だと指摘する研究者が 少なくない。
   ケネディ暗殺事件は ウォーレン委員会が 組織される以前から結論ありきだったと国防総省の幹部C.P.コーソー大佐が公務証言。 
  その他 同様の証言や告発をした方々も 間もなく暗殺されました。 彼らの勇気ある証言により SEGが オリオン政府と秘密の契約をして 米国が 学術や文化・兵器など地球社会を指揮・支配できるパワーを提供していただいたことが 判明しました。 
  さらに 米国のトップクラスの科学者たちであるアインシュタイン博士 オッペンハイマー博士 フォン・ノイマン博士 T.T.ブラウン博士 R.P.ファインマン博士ら 実名をあげて UFO-ETIの回収と科学分析 そして最先端の米国家軍事科学計画の重要スタッフであったことを関係者たちが 証言し 機密公文書でも確認されました。 勇気ある科学者や政府高官 CIA-NSA情報幹部らは そのような極秘内容は SEGの独占物でないとして 国民主権の知る権利であるとして公開されました。     今回は ジョン・F.ケネディ大統領の暗殺の真相を示す資料の一部を中心に紹介します。

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...