Loading...

29 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Feb 12, 2019

仙台藩, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2... / CC BY SA 3.0

#藩
#陸前国
#陸中国
#常陸国
#近江国
#胆振国
#十勝国
#釧路国
#千島国
#伊達氏
仙台藩

仙台藩(せんだいはん)は、江戸時代に陸奥国の仙台城(現・宮城県仙台市)に藩庁を置いた、表高62万石の藩である。現在の岩手県南部から宮城県全域までと福島県新地町の約60万石を一円知行で治め、現在の茨城県および滋賀県に合計約2万石の飛び地があった。

江戸時代を通じて外様大名の伊達氏本家が治めた藩であり、伊達藩(だてはん)と呼ばれることもある。
外様大名の伊達政宗が樹立し、以降は明治の廃藩置県まで代々伊達家本家が統治した。伊達家本家は、大広間詰国持大名。代々、将軍家より松平姓を許され、歴代藩主のほぼ全員に陸奥守の官位が与えられ、世嗣の殿上元服・賜諱(偏諱の授与)があった。

江戸上屋敷は汐留(のちに新橋停車場、現在は日本テレビタワーが建つ)、下屋敷は現在の東京都港区南麻布1丁目一帯(仙台坂付近)、品川区東大井4丁目 - 南品川5丁目(旧仙台坂付近)にあった。

表高62万0056石5斗4升4合で、諸藩のうちで第3位、実高は支藩の一関藩を含め、18世紀初頭には100万石を超えた。地方知行によって多数の陪臣を抱え、直属家臣約7000人(江戸中期以降には約1万人)、陪臣をあわせて2万数千から3万の兵力(江戸中期以降は約3万5000人)を擁した。領内の産出米は大消費地・江戸の食料を支え、干しアワビやフカヒレは長崎俵物として外貨を稼いだ。

豊臣秀吉の朝鮮出兵(慶長の役)の際、名護屋城には20万余の在陣軍が置かれた(朝鮮侵攻軍は14万1500人)。名護屋在陣軍の代表格である徳川家康と前田利家は、雑兵同士の「水汲み騒動」をきっかけに、両家を支持する諸大名と共に、徳川方、前田方に分かれて合戦寸前の状態となった。このとき伊達政宗は諸大名を代表し、家康、利家のそれぞれと直談判して、戦いを未然に防いだ。

秀吉が死ぬと、家康は秀吉の遺言を無視し、伊達政宗と縁戚関係を結んだ。政宗は家康の政権奪取に協力し、利家ら五大老、および五奉行の中心人物石田三成らに対抗した。家康は利家の死後、前田家を継いだ前田利長に家康暗殺未遂事件の容疑をかけ、利長を屈服させた。家康・政宗を中心とする“反豊臣勢力”は、他の五大老、毛利輝元、上杉景勝、宇喜多秀家および三成らとの対立を深刻化させた。こうして、家康により豊臣政権は分裂させられ、関ヶ原の戦いへと繋がっていく。

関ヶ原の戦いでは、政宗は混乱に乗じた勢力拡大、さらにあわよくば天下取りをも狙っていたと見られる。1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いに際し旧領復活を狙う政宗に対し、家康は戦いの直接原因となった上杉景勝の動きを封じ込めるという重要な役割を与えた。家康は政宗に、東軍勝利の暁には秀吉に没収された伊達郡、置賜郡などの旧領を回復し、所領を100万石にまで加増するという約束をした(いわゆる「百万石のお墨付き」)。しかし、合戦が長期化すると見た政宗は、家康をあてにせず自らの力で所領を切り取る戦略を取る。政宗は上杉領へ攻め込み、景勝から刈田郡を奪い取った。また、上杉勢に攻め込まれた最上義光へも援軍を送るが、合戦を傍観させる。さらに、政宗は同じ東軍の南部信直の南部領和賀郡で元領主の和賀忠親を支援し、和賀一揆を起こさせる。ところが、政宗の予想に反し、中央での合戦はたった1日で終結した。結局、政宗が切り取ることができた所領はわずかで、一揆扇動も露見して失敗してしまう。戦後、家康は政宗の裏切り行為を不問に付す代わりに、政宗に約束した百万石のお墨付きを反故にした。

露骨な野心を家康から警戒された政宗は、戦勝後に有力大名の中で最後まで帰国を許されず、江戸の天下普請に動員されるなど、2年間を領国外で過ごした。この間、1601年(慶長6年)、政宗は国分氏の居城であった千代城を修築(実質は新築)し、「仙台城」と改称し、居城を岩出山城から移した。同時に城下町も建設し、政宗を初代藩主とする仙台藩(62万石)が成立した。1611年(慶長16年)に仙台を訪れたスペイン領メキシコの対日特派大使セバスティアン・ビスカイノは、仙台城から見降ろした仙台の城下町の様子を「江戸と同じくらいの大きさだが、建物はもっと立派」と報告している。この時期の仙台城下町人口は5万人と推定されている。

政宗は仙台藩とスペインとの通商(太平洋貿易)を企図し、1613年(慶長18年)、仙台領内で西洋式帆船(黒船)、サン・ファン・バウティスタ号を建造した。当時、フェリペ3世を国王とするスペイン帝国は、世界最大の植民地帝国であった。政...

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...