Loading...

【1991年世界陸上走り幅跳び決勝④】マイク・パウエル6回目から表彰式まで

11,013 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Feb 26, 2015

人類未踏の9mまであと5cmと迫ったパウエルの世界新記録。
パウエルとの差4cm、もしこのまま敗れるとルイスの連勝は65でストップ!!
残る2回の跳躍で世界を超えることが出来るのかルイス!?

ルイスは5回目のジャンプでも8m87を飛んでみせる。
ルイスは6回中4回も、8m80を越えるジャンプを見せた。
対するパウエルの大ジャンプはこの1回だけである。
幅跳びが、トータルや平均によって順位を決める競技であったなら、間違いなくルイスの優勝だった。
しかしルイスは、8m90以上を飛んで優勝できなかった史上唯一人の男となった。
これもまた一つの伝説となる気がする。

この後は、【1991年世界陸上走り幅跳び決勝⑤】長嶋茂雄さん解説(振り返り)をぜひご覧ください。

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...