Loading...

22 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jun 14, 2019

コスモスベリーズ, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1... / CC BY SA 3.0

#建造物の画像提供依頼
#名東区の企業
#家電量販店
#ヤマダ電機
#2005年設立の企業
コスモスベリーズ

コスモスベリーズ株式会社は、本社を愛知県名古屋市に置く、家電販売のチェーン展開を行っている会社である。キャッチフレーズは「ずっとあなたの電気係です」。

「各店の個性を殺さずに経営を維持する」という方針と、「個々のオーナーが知恵を出し合う」という豊栄家電創業時からの「協業」という考えから、主にボランタリーチェーン(VC)方式を採用している。店自体の看板を変える必要は無く、仕入や売上などのノルマは強制されない。ただ、メーカーとの二帳合の取引となるため、系列店は系列以外の商品でしか仕入れることができない。これはコスモスベリーズが「メーカーの系列政策との共存」を掲げているためである。また、主に商品仕入の際にヤマダ電機が持つスケールメリットと、小回りが利く等の地域店が得意とするスモールメリットの融合を図っている。

「コスモス」はヤマダ電機のFC事業名であり、「ベリーズ」は豊栄家電が主宰するFCショップ名である。


会費が月1万円でありながら、多様な販促や情報提供がなされているのが特徴である。

営業情報・定番情報・売価/原価等の情報提供及び各店のサポートのためにWEBシステムであるBFC.Netが提供されている。変化する情報に対応するため、WEB上では情報がリアルタイムで提供され、主要メーカーの在庫確認及び商品発注も可能である。FC店契約の場合、POSを導入するため、商品発注はPOSで行う。なお、PC環境を持たない店舗でもFAXやブックレットを使った情報提供がなされるが、随時BFC.Netに切り替わっている。

ヤマダ電機の物流システムを利用するため、比較的安定した商品供給がなされる。通常、商品の配達は3日後となるが、メーカー発注の場合は納期が早くなる。物流費用は離島を除き、原則、本部負担である。また、ヤマダ電機本体で取り扱わないダイキンやビーバーエアコン(三菱重工業)、電材商品などのメーカー商品も、コスモスベリーズ本部経由で取り扱いが可能である。商品が至急必要な場合は、近くのテックランドに在庫があればそれを利用することができる。さらに、ヤマダ電機のネットワークを利用した「全国まごころ配達」という配送システムも整備されている。

主に、毎月各店に100部無償配布される「おすすめセレクション」と言うチラシがある。B2見開きのチラシで、売れ筋商品から、独自にセレクトした商品を掲載してある。また、ヤマダ電機オリジナル商品に特化した「超おすすめ特選品チラシ」、A4サイズのパンフレットで22〜24pで年4回発行の季刊誌(特選品カタログ)「いどばた会議」や、B4サイズで売れ筋商品に特化した「お買得品チラシ」がある。その他にもエコキュートを中心とした住設チラシや、ソリューション関係のチラシなどがあり、カタログ類も各メーカーから取り寄せてもらえるようになっている。

他の量販系や独立系が統一ブランドでのチェーン展開を行うのに対して、コスモスベリーズでは複数のストアーブランドでの展開を行っている。実際にはFVC店とFC店はコスモスベリーズとして扱われる。また、デンキのダイナマイトについては、看板はそのままである。また、これらはFCとVCの2つの事業制に分かれる。

現在、主に展開している形態である。上記の通り二帳合取引で、VC方式を採用している。加盟店の多くはこの形態のチェーンである。主要取引メーカー以外で、他メーカー販社・電材会社・インターネットなど、商品の安定供給や価格面で不安定な場合があるが、これらの部分でコスモスベリーズを利用してもらうと言う発想である。加盟店の中には、商品供給の他、価格の面でメーカーと折り合いがつかず、BFC一本でやっていく店が現れている。そのため、混売店扱いとなり、事実上一帳合取引となる。また、BFCの加盟店同士でグループを結成して活動している店もある。

このBFCのシステムは業界にも大きな影響を与えた。シャープはこのBFC方式を採用し、シャープ・バリュー・パートナー・グループ(SVPG)という新しいチェーン店展開を始めている。

1人事業者の略称で、いわゆる店舗レスのシステムである。他店、特に他社FCの大型店での家電販売を経験した人が、数多く参画している。また、近くのBFCの店舗やテックランドから商品を供給してもらうようになっている。かつては、CSC(コミッション・セール・カンパニー)と呼ばれていた。

BFCのシステムをさらに発展させ、POS...

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...