Loading...

【三国志大戦Ⅴ】祖茂大栄2000試合記念【宿星】

644 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Mar 5, 2019

祖 茂(そ も/そ ぼう、生没年不詳)は、中国後漢時代末期の武将。

董卓討伐戦に孫堅が参加したとき、これに従軍した。孫堅が董卓軍に大敗して逃走した際、彼の赤い頭巾を被って囮となった。董卓軍の騎兵が祖茂を追いかけたので、孫堅は助かったという。祖茂は逃げ場を失うと馬から飛びおり、頭巾を焼けぼっくいに被せて草むらに身を伏せた。董卓の騎兵は遠巻きに取り囲んだが、近付いて初めて焼けぼっくいであると知り立ち去った(『三国志』孫堅伝)。

小説『三国志演義』では、呉郡富春県の人で字は大栄とされ、二刀流の使い手という設定である。孫堅を追撃したのは董卓軍の華雄と設定されており、華雄が焼けぼっくいから頭巾を取り上げたとき、祖茂は木陰から飛びだして華雄に襲いかかったが、返り討ちにあって一太刀で殺されてしまっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

  • Game

    • Sangokushi Taisen
    • 2005
  • Category

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...