Loading...

112 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Apr 28, 2019

ニコ・クラニチャール, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=3... / CC BY SA 3.0

#クロアチアのサッカー選手
#サッカークロアチア代表選手
#NKディナモ・ザグレブの選手
#HNKハイデュク・スプリトの選手
#ポーツマスFCの選手
#トッテナム・ホットスパーFCの選手
#ディナモ・キエフの選手
#クイーンズ・パーク・レンジャーズFCの選手
#ニューヨーク・コスモスの選手
#レンジャーズFCの選手
ニコ・クラニチャール

ニコ・クラニチャール(Niko Kranjčar , 1984年8月13日 - )は、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国(現クロアチア)・ザグレブ出身のサッカー選手。無所属。ポジションはミッドフィールダー。

NKディナモ・ザグレブでデビュー後、2005年にライバルのハイドゥク・スプリトに移籍し、国内の2つのビッグクラブでプレイを経験した。移籍は議論を呼んだが、2006年の夏にポーツマスFCに移籍し、すぐにハイドゥク・スプリトを離れた。ポーツマスでは中心選手として活躍を続けたが、2009年9月にポーツマスの監督を務めていたハリー・レドナップが指揮を執るトッテナム・ホットスパーFCへ移籍した。

ロベルト・プロシネチキの後継者として脚光を浴び、父ズラトコが監督を務めていた2004年8月にA代表デビューを飾った。以後、2006 FIFAワールドカップ、EURO2008、EURO2012と主要大会に3度出場した。

父がSKラピート・ヴィーンに所属していたため、幼少期をオーストリアで過ごしたクラニチャールはオーストリアのパスポートを所持している。そのため、EU圏内の選手と同じ扱いを受ける。

ユースのキャリアの大半をNKディナモ・ザグレブで送ったクラニチャールは、後に同クラブのトップチームで17歳の時に最年少で主将を務め、16歳でプルヴァHNL初出場を果たし、また最年少得点も記録した。デビュー年の2002-03シーズンはリーグとカップの2冠を達成し、翌シーズンもカップ戦のタイトルを獲得した。そのような活躍からファンの人気を集め、フランス代表のジネディーヌ・ジダンと比較されるようにもなり、また、新たなズボニミール・ボバンとも呼ばれるようになった。

2005年初めにディナモ・ザグレブの経営陣と対立し、困難な状況に陥っている中でライバルであるハイドゥク・スプリトのスポーツディレクターのの手助けにより、同クラブに移籍することになり、スタディオン・ポリュドで行われた公式発表には1万人以上のファンが詰めかけた。加入後、安定したパフォーマンスですぐさまファンから人気を集め、加入1シーズン目の2004-05シーズンに自身2度目となるリーグタイトル獲得に貢献した。その活躍から国外の様々なクラブから獲得の申し出があったものの、ハイドゥク残留を決意し、翌2005-06シーズンのリーグ戦でチーム最多の10得点を挙げた。

2006 FIFAワールドカップ後、世界中のメディアがクラニチャールを取り上げ、フランス1部のスタッド・レンヌやスペイン1部のセルタ・デ・ビーゴ等といったクラブが関心を示した。2006年8月にレンヌの移籍金450万ユーロのオファーをハイドゥクは断ったが、同日の31日に移籍金350万ポンド(520万ユーロ)でポーツマスFCと4年契約を締結した。

2006年10月1日のトッテナム・ホットスパーFC戦(アウェイ1-2敗北)で90分間フル出場でプレミアリーグ初出場を飾り、2007年3月31日のフラムFC戦 (1-1) で先制点にして移籍後初得点を挙げ、加入1シーズン目は24試合2得点を記録した。次のシーズンは、FAカップのタイトル獲得に不可欠な選手となっていた。

2008-09シーズンの初めには、ASモナコからの1200万ポンドのオファーを断ったとの話があったが、モナコ側はこれを否定した。クラブが残留争いをする中で2009年2月12日にクラニチャールはポーツマスを離れ、ビッグクラブへ移籍したいという自身の希望を明らかにし、それに呼応してアーセナルFCやモナコからの関心が噂された。さらに、エヴァートンFCのデイヴィッド・モイーズ監督もミケル・アルテタが長期に渡り離脱していたため、代役として獲得に興味を示した。2009年8月には契約を1年残すクラブとの契約延長の話を拒否し、来シーズンのオフにクラブを退団する意思を明らかにした。

移籍期限終了間際にトッテナム・ホットスパーFCと4年契約を締結し、2009年9月1日に正式発表された。移籍金は非公開だったが、250万ポンド程度と推測されている。エヴァートンもオファーを出していたことが明らかになったが、...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...