Loading...

オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ( ソムリエ・ワインエキスパート試験替え歌)

3,416 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jun 26, 2015

1、南オーストラリア州

国内の約半分(48%)を生産

Barossa Valley
Coonawarra 土壌はTerra Rossa
Mclaren Vale
Clare Valley,Eden Valley⇒Rieslingが有名
Kangaroo IslandはAustraliaで三番目に大きい島
Robe
Langhorne Creek
Padthaway
Adelaide Hills⇒最高級のテーブルワインとスパークリングワインの生産において重要度が急速に高まっている
Riverland⇒南オーストラリア州の60%のブドウを栽培している
Wrattonbully
Mount Gambier:2010年に指定された最新産地

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2、ニュージーランド

【北島】
 Northland:ニュージーランドにおける葡萄栽培発祥の地
 Auckland 
 Waikato / Bay of Plenty
 Gisborne:日付変更線に近接する世界最東端の産地     Chardonnayが主     1763年にクック船長が初上陸した場所
 Hawke's Bay:商業目的のワイン生産が始まった最初の産地
 Wairarapa:サブリージョンMartinborough→良質なPN     (※Marlboroughと間違えないように注意)

【南島】
 Marlborough:ニュージーランド最大の産地     国際的にも品種特性の基準といわれるほどSauvignon Blancが有名
 Nelson
 Canterbury / Waipara
 Central Otago:ニュージーランドで最も標高が高く世界で最も南にある産地 Pinot Noirが有名


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3、南アフリカ

ブドウ栽培面積の95%がウェスタンケープ
そのうち約半分(46%)コースタルリージョン

【Coastal Región地方】
  Stellenbosch地区
  Paar地区
  (No District) Constantia小地区:ヴァンドコンスタンシア     (ミュスカドフロンティニャンの遅摘み)

【Breede River Valley地方】
  Robertson地区 石灰質、シャルドネなど白が多い、灌漑

【Cape South Coast地方】
  Walker Bay地区
  Elgin地区

Pinotage=PN×Cinsault 

品種・収穫年の表示は85%
W.O.産地は100% 

地中海性気候だが南極からのベンゲラ海流で緯度の割に冷涼

1655年 ヤン・ファン・リーベックがケープに初めてブドウを植える
1918年 KWV設立
2004年 「ケープ植物区保護地域群」として世界遺産に登録 
2010年 地球にやさしいワイン生産のサスティナブル認定シール導入 

地中海性気候

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...