Loading...

16 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Mar 21, 2019

マルシオ・パッソス・ジ・アルブケルケ, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1... / CC BY SA 3.0

#ブラジルのサッカー選手
#カタールのサッカー選手
#サッカーカタール代表選手
#サンパウロFCの選手
#北海道コンサドーレ札幌の選手
#川崎フロンターレの選手
#浦和レッドダイヤモンズの選手
#アル・サッドの選手
#スタッド・レンヌFCの選手
#CRフラメンゴの選手
マルシオ・パッソス・ジ・アルブケルケ

エメルソンまたはエメルソン・シェイキ(Emerson または Emerson Sheik)こと、マルシオ・パッソス・ジ・アルブケルケ(Márcio Passos de Albuquerque, 1978年12月6日 - )は、ブラジルリオデジャネイロ州ノバ・イグアス出身のサッカー選手。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAのSCコリンチャンス・パウリスタに所属している。元カタール代表。ポジションはフォワード。後述の通り2018年内で引退予定。

過去に通名であったマルシオ・エメルソン・パッソス (Márcio Emerson Passos) は偽名(理由は後述)。

1996年にサンパウロFCユース、1998年に本チームへ昇格した。エメルソンの扱いに手を焼いてた同チームは暫く他に預けて、本人の素行を正せないかと売りに出す。当時Jリーグで指揮を執っていた岡田武史は、そのプレー(映像)に驚き、すぐにでも獲得したい旨を打診、2000年よりコンサドーレ札幌へ期限付き移籍して34試合31得点と大活躍。札幌のJ1昇格に大きく貢献した。

2001年、サンパウロFCユース時代からの恩師であるピッタがコーチに就任した川崎フロンターレ(当時J2)へ移籍。同年7月にはピッタと共に浦和レッズに移籍。2002年の2ndステージ2節では手を骨折したにもかかわらず泣きながら試合に出続け、Vゴールをアシストした。

ラフプレーや独り善がりなプレーが多いことでも知られていたが、2004年に就任したギド・ブッフバルトの下では警告も減少し、30試合で27得点を挙げ浦和では福田正博に続く2人目のJリーグ得点王となり、チームの2ndステージ優勝に貢献した。また、この時期には日本に帰化して日本代表入りするという意思があり本人も「日本で何年もプレーするうちに日本のことが好きになった、日本に帰化して代表でプレーしたいと思っている」と発言するが翌年、多額の報酬に惹かれカタールリーグに移籍した。

2005年6月初めに非公式にカタールのクラブ、アル・サッドの強化部長を務めるアマドが渡日し、その後浦和に対してエメルソン獲得の正式オファーが出る。高い移籍金が設定され、浦和から戦力として評価を受けていたが、アル・サッド側は移籍金を支払う事を決めた。交渉に伴って、浦和は6月20日にアル・サッドとの移籍交渉を許可した。アル・サッドからは500万ドル(推定)の1年契約でオファーが出された。Jリーグ中断中に息子が入院していることを理由にブラジルに帰国していたが、再渡日・再合流も家庭を優先する形で引き伸ばしていた。結果的にリーグ再開後もチームに合流できなかったエメルソンは、800万ドル(推定)の移籍金を浦和に残して再び日本の地を踏むことなくアル・サッドへの移籍が決まった。

2006年1月20日、本名・生年月日の異なる2つの出生証明書を悪用していたことが判明しブラジル連邦警察に逮捕された。正規である最初の方の出生届は本名「マルシオ・パッソス・ジ・アルブケルケ」で1978年12月6日生まれ、後に年齢詐称に悪用されたもう一つの出生届は本名「マルシオ・エメルソン・パッソス」で1981年9月6日生まれとなっていた。日本でプレーした際は2度目の出生届のものを用い、3歳分、年齢を若く申告していたことになる。
現地の報道によると、母親が出生届をしていなかったとして1995年に年齢、氏名を偽証して2度目の出生届を詐取したとのことである。

本名と偽名について、日本では逆で報道されていたが、逮捕後であるレンヌでのUEFAカップでの出場におけるuefa.comに25番の選手をMárcio Passos de Albuquerque(マルシオ・パッソス・ジ・アルブケルケ)と記述し、2008年のACL出場選手を記載したAFCのサイトでもアルサードの10番の選手をMárcio Passos de Albuquerqueと記載している。

異母弟のルイスもサッカー選手で、2001年に川崎に在籍。兄のクラウジオは2006年の6月から7月に浦和で用具係を務めていた。

2006年10月、カタール国籍を取得したことが判明。カタールでは早速の...

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...