Loading...

宝塚歌劇の見方#19「網野史観を宝塚歌劇に持ち込むとどうなるか?:大野拓史の大劇場作品」

116 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 29, 2016

縁あって、約100年分の「歌劇」や「宝塚GRAPH」、本公演の100年分の脚本を読む機会を得ました。そこから見えてきたことを元に、お話していきたいと思います。
第19回は「大野拓史の大劇場作品」についてです。

●網野喜彦・『もののけ姫』・宝塚歌劇●光源氏の傀儡としての孫●男性の力の及ばない尼寺●ヒロインは親友の彼女●自殺未遂のヒロイン●王位継承権を放棄する王●自由としてのラジオ●ヒロインは人妻●スパイの疑いのあるヒロイン●継げなかった家督●権威を嫌う傾奇者●ヒロインは藩主の正妻●傀儡としての征夷大将軍●女性で守る城●暗躍する宗教者●自由な世界へつながる海●ヒロインは政略結婚●親の首をとられたヒロイン●アメリカとソ連誕生以前の世界●魔女の末裔●繰り返される魔女狩り●ヒロインは社会主義国の公務員●国に裏切られるヒロイン

■今回取り上げた作品
・『夢の浮橋』(2008)主演:匂宮 瀬奈じゅん
・『ロシアン・ブルー―魔女への鉄槌―』(2009)主演:アルバート・ウィスラー 水夏希
・『エドワード8世―王冠を賭けた恋―』(2012)主演:デイヴィッド・ウィンザー 霧矢大夢
・『一夢庵風流記  前田慶次』(2014)主演:前田慶次 壮一帆
・『NOBUNAGA<信長>―下天の夢―』(2016)主演:織田信長 龍真咲

■大劇場以外の大野作品
・『エピファニー―「十二夜」より―』(1999年・バウ)
・『更に狂はじ』(2000年・バウ)
・『月の燈影』(2002年・バウ)
・『花のいそぎ』(2004年・バウ)
・『睡れる月』(2005年・ドラマシティ)
・『フェット・アンペリアル―帝国の祝祭―』(2006年・バウ)
・『ヘイズ・コード』(2006年・ドラマシティ)
・『NEVER SLEEP』(2007年・バウ)
・『記者と皇帝』(2011年・バウ)
・『Bandito―義賊 サルヴァトーレ・ジュリアーノ―』(2015年・バウ)

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...