Loading...

21 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Apr 11, 2019

アルゴナウタイ, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1... / CC BY SA 3.0

#ギリシア神話
#アルゴナウタイ
アルゴナウタイ

アルゴナウタイ(古典ギリシア語:, Argonautai)は、ギリシア神話においてコルキスの金羊毛を求めてアルゴー船で航海をした英雄たちの総称である。

アルゴナウタイは複数形で、「アルゴーの船員」を意味するアルゴナウテース(, Argonautēs)が単数形である。ラテン語では、アルゴナウタエ(Argonautae)、英語ではアルゴノーツ(Argonauts)。

時代設定はトロイア戦争の前。テッサリアーのイオールコスの王子イアーソーンは、父から王位を奪ったペリアースに王位の返還を求めるが、コルキス(黒海東端の王国。現在のグルジア西部)にあるという黄金の羊の毛皮(金羊毛)を要求される。イアーソーンは女神アテーナーの助言を受けて、プリクソスの子で船大工のアルゴスに50の櫂を持つ巨船を建造させ、船名をアルゴスの名から「アルゴー」(「快速」の意)とした。アテーナーは、ドードーナのオーク(日本語訳樫)からものを言う材木をアルゴーの船首につけた。イアーソーンが船員を募ると、ギリシア中から勇者たちが集まった。こうしてアルゴー船に乗り組んだ勇者をアルゴナウテース、総称としてアルゴナウタイという。

イオールコスを出航した一行は、レームノス島をはじめとした数々の冒険を経てコルキスに達した。コルキスではイアーソーンと恋に落ちたコルキスの王女メーデイアが加わり、目的の金羊毛の獲得に成功する。アルゴナウタイは、その後も冒険を重ね、部分的に脱落者も出しながらもイオールコスに帰還した。4ヶ月間の航海だったという。

アルゴナウタイの航海について、イギリスの詩人・神話研究家ロバート・グレーヴスは、その著書『ギリシア神話』で以下の3つの物語や歴史的事実が集成、混合されたものだとする。



一方、ハンガリーの神話学者カール・ケレーニイは、その著書『ギリシアの神話』(英雄の時代)で以下のように指摘している。アイエーテースは太陽神ヘーリオスの子だが、元来ヘーリオスの対立者でもあって、冥界のハーデース的存在であった。さらに、アイエーテースの町はアイアと呼ばれ、王の名はここから得られている。アイアはコルキスと同一視されるが、本来は「エーオース(暁の女神)の国」という意味であり、不滅の神のための地であった。ピーネウスの宮殿もまた、元来は暗黒の国、冥界が始まる場所であった。このように、イアーソーンとアルゴナウタイの探索は、人間界の彼岸から金羊毛を持ち帰る仕事であったとしている。

グレーヴスによれば、アルゴナウタイの航海と黄道十二星座の関連を指摘したのはアイザック・ニュートンである。物語がエジプト、とりわけアレクサンドリアの十二星座の影響を受けた可能性があるとする。

星座と物語が対応する要素として挙げられるのは、おひつじ座→プリクソスの金毛の牡羊、おうし座→青銅の足を持つアイエーテースの牡牛、ふたご座→ディオスクーロイ(カストールとポリュデウケース)、しし座→ドリオニアの王キュージコスが殺したというレアーのライオン、おとめ座→メーデイア、てんびん座→ケルキューラ島でのアルキノオスの裁定、いて座→ヘーラクレース、やぎ座→レームノス島での求愛の象徴、みずがめ座→アイギーナ島での水汲み競争、である。さらに、隠れた要素として、さそり座→蛇、かに座→再生の象徴としての黄金虫があるとする。隠れた要素とは、航海には直接現れないが、アルゴナウタイの帰還後、メーデイアがアテーナイを追放され、イタリアでマルビウム人たちに「蛇遣いの術」を教えたという伝承、もうひとつはメーデイアがペリアースを謀殺したときのように、大釜を用いて再生(若返り)の魔法を使ったことを指すものと考えられる。

アルゴナウタイの数は約50名であったといわれる(シケリアのディオドロス『歴史叢書』は54名を挙げ、ロドスのアポローニオス『アルゴナウティカ』は55名を挙げ、ガイウス・ユリウス・ヒュギーヌス『ギリシャ神話集』は64名を挙げ、ガイウス・ウァレリウス・フラックス『アルゴナウティカ』は52名を挙げる。)が、ツェツェース(およそ1110年 - 1180年)のように100名の名を挙げる例もある。このような英雄の集結は、トロイア戦争以前では最大のもの。カール・ケレーニイによると、この神話の古い形では、乗組員はミニュアース族であり、テッサリアでアタマースが支配していた領地の住民から成っていた。

以下は乗員の一覧である。アポロドーロスによる文献に登場する人物には登場順に番号を振ってある。「-」になっている人物は、...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...