Loading...

マイケル・ジャクソン 『整形と肌の色について』

11,795 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Mar 14, 2016

【直筆のメモ - 1979年11月6日】
I want a whole new character, a whole new look. I should be a totally different person. People should never think of me as the kid who sang ABC, I Want You Back.
ボクは完全に新しい人物になりたいし、完全に新しい容姿が欲しい。ボクはまったくの別人になるべきなんだ。人からは絶対に 『ABC』 や 『I want you back』 を歌っていた子供とは思われたくない。
https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/...




In 1979, Jackson broke his nose during a complex dance routine.
1979年に、ジャクソンは複雑なダンスの練習をしている時に鼻を折った。
His subsequent rhinoplasty was not a complete success; he complained of breathing difficulties that would affect his career.
その時の彼の鼻の手術は完全な成功にはならず、彼は自身のキャリアに影響を及ぼす呼吸困難を訴えた。
He was referred to Dr. Steven Hoefflin, who performed Jackson's second rhinoplasty and subsequent operations.
二度目の鼻の手術と、その後の手術はスティーブン・ホフリン医師に任せられた。
https://en.wikipedia.org/wiki/Michael...



【オプラ・ウインフリー インタビュー - 1993年2月10日】
"When did the colour of your skin start to change?"
『いつ、あなたの肌の色は変わり始めたの?』
"Well, sometime after Thriller around Off the Wall."
『「スリラー」(1982) の後か、「オフ・ザ・ウォール」(1979) の頃です。』
https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/...

"I don’t want to go into my medical history. Because that’s something, that’s private."
『ボクは自分の医療履歴については話したくないんです。それはプライベートなことですから。』
https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/...




【Rolling Stone - 1992年7月9日】
In trying to create a glamorous image for himself in the years since his first solo album as an adult, Off the Wall, was released in 1979, Jackson has literally remade his face before our very eyes.
成人としての最初のアルバム以降、長きにわたって、彼は魅惑的なイメージを作ろうとしてきたが、『オフ・ザ・ウォール』 は1979年にリリースされ、我々の目に見えるように、あからさまにジャクソンは自身の顔を作り変えた。
We have all been privy to each new change in the Jackson countenance.
我々は皆、ジャクソンの顔のすべての新しい変化について知っていた。
He has, of course, been criticized for trying to become white, for turning his back on his roots.
もちろん、彼は自身の黒人のルーツに背き、白くなろうとしていると批判されてきた。
Teddy Riley says that during the Dangerous recording sessions, Jackson talked a lot about what he'd done to his face and skin.
『デンジャラス』 のレコーディング・セッションの間、ジャクソンは自身の顔と肌に何をしたかについて、よく話をしていたと、テディ・ライリーは言う。
"I'm quite sure if Michael could have done it all over again, he would not have done that," says Riley.
『もし、マイケルがもう一度最初からやり直せるとしたら、あんなことはやってなかったと、ボクははっきりと思うよ。』 と、ライリーは言う。
"But there's no turning back. Once you change your description, you can't turn back. You can't get your own face or your own skin back again. But he is still Michael Jackson; he is still the talented man that everybody grew up on."
『でも、後戻りはできない。一度、自分の容姿を変たら、元には戻れない。自分自身の顔や肌を取り戻すことはできない。でも、彼は今でもマイケル・ジャクソン。彼はまだ、みんなが見て育った才能溢れる人なんだ。』
http://www.rollingstone.com/music/fea...




【Rolling Stone - 2009年7月30日】
http://www.rollingstone.com/music/new...
"When Michael proudly showed me the results of his first experiments with bleaching his skin white (his chest looked like he was wearing a pale white vest), I was horrified and told him that the doctor who did this was a criminal and that he should go no further," recalls John Landis, who directed "Thriller."
『マイケルが自分の肌を漂白した実験の最初の成果を誇らしげに私に見せた時は(彼の胸は薄い白のチョッキを着てるかのようだった)、私は恐ろしくなって、「こんなことをした医者は犯罪者だ。これ以上、こんなことをすべきではない。」と、彼に言った。』 と、『スリラー』 を監督したジョン・ランディスは振り返る。
"He did not speak to me for almost two years after that. And when I did see him again, his plastic surgeries had progressed to the grotesque."
『それ以降、2年間ほど、彼は私と口を利いてくれなかった。そして、彼と再会した時には、彼の整形手術はグロテスクな域に達していたんだ。』
Though Jackson would say that he was proud of being black, he took pains to keep his skin looking as pale as possible.
ジャクソンは黒人であることを誇りに思うと言いながらも、自分の肌を可能な限り白く見せようと必死だった。




オプラ・ウィンフリー・インタビュー (放送日:1993年2月10日) アーノルド・クラインとデビー・ロウ
https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/...




『The Magic, the Madness, the Whole Story』 (521ページ) 
「後にアーノルド・クラインは法廷で証言するように命じられた。彼は助手のデビー・ロウを引き連れて出廷した。二人はマイケルが1983年からの患者で、1986年に尋常性白斑とニキビと診断し、1990年にベノキンという漂白クリームをたくさん処方したと証言した。クラインはジャクソンのペニスは見たことはないが、一度、マイケルがベノキン漂白クリームを塗っている時に彼の臀部を見たと証言した。 また、クラインはマイケルが1993年の春に陰嚢を漂白しようとしたことも証言した。しかしながら、ちょうどその問題に関してはクラインではなく、ロウが彼のために対処した。」
https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/...

『The Magic, the Madness, the Whole Story』 (521ページ) 
https://books.google.co.jp/books?id=7...



【2012年7月6日】
AEG Live弁護士は、アーノルド・クライン博士に対し1984年1月までさかのぼるマイケル・ジャクソンの病歴の提出、あるいは召喚状を求めました。AEGとの裁判審問は9月12日に予定されています。AEG Liveの法廷文書によればクラインはこれまで、2008-09年の記録は提出しています。その一方で彼が引き渡さなかった他の12ページの記録は地区検察局に出されました。
http://blog.livedoor.jp/lovenatari/ar...




【プリンス・ジャクソンのツイッターの返信 (2015年10月6日)】
『お前がジャクソンの子供じゃなくて、ロウとクラインの子供だってことは、みんなわかってるんだよ。とぼけようとするのはやめて、現実を見ろ。』 
『契約の血は子宮の水よりも濃いんだ。ボクは弟と妹と一緒に父さんに育てられた。』
https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/...




インタビュー 日本語字幕 ダイアン・ソイヤー マーティン・バシール 整形 尋常性白斑 スピーチ 人種問題 人種差別 ブラホワ 歌詞

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...