Loading...

MotoGP この立ち上がりシーン 加速が超絶かっこいい スーパースローモーション

21,379 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 29, 2019

チャンネル登録お願いします。
動画タイトル:MotoGP最強究極戦士 加速 スーパースローモーション オランダGP Wake Theory My Enemy HD English

★関連動画
【空力の鬼才】エイドリアン・ニューウェイのベスト10マシン
https://www.youtube.com/watch?v=NSRkl...
【HONDA F1】 V12 エキゾーストサウンド&レーシングサウンド COMPILATION
https://www.youtube.com/watch?v=73yEN...
【超かっこいい】2018MotoGP ホルヘ・ロレンソがドゥカティGP18でシーズン3勝を飾ったレースハイライト
https://www.youtube.com/watch?v=KWmyr...
【トロロッソホンダ】Toro Rosso HONDA-RED BULL HONDA-
https://www.youtube.com/watch?v=d-1ep...
F1 PURE SOUND-蘇るアイルトンセナ-V10|V12サウンド
https://www.youtube.com/watch?v=iXnZX...

動画概要:
アッセンTTでの数あるコーナーでこのサーキットの加速時のスローモーションはまさに傑作。コーナー駆け上がるマシンとライダーの一体感あまりにもかっこいい。
チャンネルコンセプトにまったくもってぴったりです。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
TTサーキット・アッセン(TT Circuit Assen)は、オランダのドレンテ州アッセンにあるサーキット。サーキット・ファン・ドレンテ(Circuit van Drenthe)とも呼ばれる。
ロードレース世界選手権(MotoGP)やスーパーバイク世界選手権の開催地のひとつとなっている。
ロードレース世界選手権ではオランダGPのことを一般にダッチTT(Dutch TT)と呼ぶ。ロードレース世界選手権の歴史上、ツーリスト・トロフィー(Tourist Trophy。略称:TT)と呼ばれてきたレースはTTという呼称を使用し続けている[1]。
基本的にサーキット近くにある教会のミサのため、決勝は土曜日開催となるが、国内最大人気イベントとなるスーパーバイク世界選手権は珍しく日曜開催となっている。
特徴
以前は全長6kmを越え、MotoGP開催サーキットとしては最長のコースであったが、2006年の改修で前半部分が大幅に短縮され、普通の長さのサーキットとなっている。
ターン7からターン8が最長のストレートとなっているが、MotoGPマシンを使っても300km/hに届かないという低速サーキットである。メインストレッチ後の前半セクションはターンが連続し抜き所としては難易度が高く、ストレート後の8~9ターンがメインとなるが、ここでブレーキングをミスし、ランオフエリアへはみ出しショートカットペナルティを受けるライダーも珍しくない。
13ターン後のバックストレッチから高速コーナーでスピードを乗せ、最後のシケインで勝負に行くというのももう一つの勝負所。最終ターンからゴールラインまでは距離が短く、シケインの通過順位がそのまま最終順位になりやすいため、一か八かの一発勝負に出るしかないポイントであるアッセンは天候の変化が激しい。人々はこれを「ダッチ・ウェザー」(dutch weather)と呼ぶ。このような天候はオランダという国の地理的要因によるものである。
オランダは国土が平地なので、上空の雲の移動や気圧の等圧線の移動が容易である。そのため、青空が広がっていたと思ったら、いきなり曇天になり、雹まで降ることがあり、その後また晴天になる、ということがある。
ブエルタ・ア・エスパーニャ2009でもこのダッチ・ウェザーにより、出走順によってレイン・コンディションであったりドライであったりと混乱させられることになった。
1983年当時の特徴
片山敬済は当時のアッセンについて次のように語っている。
「アッセンは世界中のサーキットの中で、最も疲れやすい。休む暇なく、高速で、マシンをこじくりまわして走るからだ。どんなに体調がよくても、しんどくなってくる」(片山敬済)[3]
公道を使用している部分は、サイドカー・クラスのプラクティス終了後に、レース用にコースを横切るラインを刷毛塗りしたり、スリップ防止のためにセンターラインの白線を焼け消したりした。
当時はパドックの背後に池があり、プラクティス時に2匹のアヒルがこの池から出てきて、コース上を横切った。そのため、オーガナイザーはこのアヒルたちを別に池に移すという、珍事があった。
各コーナーは蒲鉾形をしていた。バンクも多かったが、縁石はほとんどなく、白線が引かれているだけなので、アウト側にはらむとすぐにグリーンになってしまい、ライダーたちは神経を磨り減らしてコーナーをクリアーしていかなければならなかった。
概要
1925年に初めて開催され、第2次世界大戦中を除いて途切れることなく続いている、マン島TTレースと並んで最も伝統あるオートバイレースのひとつである。1949年に世界選手権に組み込まれて以来一度もカレンダーから外れたことのないグランプリのひとつであり、また開催地(TTサーキット・アッセン)が一度も変更されていない唯一の大会である。このことからアッセンはヨーロッパのレースファンの間では「オートバイの聖地 (The Cathedral)」として知られている[1]。もっともコース自体は何度かの大きな改修を経ており、以前は一部で公道を使用したコースであったが現在は完全なクローズドサーキットとなっている。
かつては世界選手権に組み込まれていた全てのクラス(50/80cc、125cc、250cc、350cc、500cc、サイドカー)のレースが行われていたが、現在は125cc、250cc、MotoGPの3クラスが開催されている。また、大会期間中は世界選手権以外にもさまざまなサポートレースが開催され、ヨーロッパ中から観客が集まる一大イベントとなる。
2005年6月、TTサーキット・アッセンとMotoGPのプロモーターであるドルナの間で2016年までの開催契約が結ばれたことが発表された。
まさに「ロードレースの大聖堂」に相応しい迫力と緊迫の大激戦だった。今シーズンここまでの8戦でもっともスリリングな手に汗握るバトルだったことに、異論のある人はおそらくいないだろう。
第8戦・オランダGPの会場TTサーキットアッセンは、シーズン全カレンダーのなかで唯一、グランプリ初年度の1949年から現在に至るまで、連綿と開催され続けている由緒あるサーキットだ。6月の最終土曜に決勝レースを行なうのが長年の伝統だったが、2016年から他のレースに合わせて日曜の決勝になり、7月に決勝レースを実施するのは今回が初めてだ。
 ここでは、世界選手権が始まる以前の1925年から「ダッチTT」という名称でレースが行なわれてきたため、今でもオランダGPはこの名で呼ばれることが多い。「ロードレースの大聖堂(Cathedral of Speed)」という呼称には、そのような当地の長いレースの歴史に対する敬意と尊崇の念が込められている。
 そこで繰り広げられた2018年のMotoGPは、ホンダ、スズキ、ヤマハ、ドゥカティの4メーカーの7台が入り乱れて、最後まで緊密な戦いを繰り広げた。
 全26周の最終盤23周目にマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)がトップ集団から抜け出して優勝を手にしたが、それまではアレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)、マーベリック・ビニャーレス(モビスター・ヤマハ MotoGP)、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)、バレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ MotoGP)、カル・クラッチロー(LCRホンダ・カストロール)、ホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ・チーム)と、これだけの台数が1秒以内のタイム差にひしめきながら激しく順位を入れ替えるバトルを続けた。
マルケスがペースを上げて逃げ始める23周目までの間には、確認できただけでも17回、トップを走る選手の入れ替わりがあった。先頭集団内の2番手や3番手の位置取りを巡る激しい駆け引きになると、100回を軽く上回っていたという報告もある。
 最初から最後まで僅差の厳しい戦いが続いただけに、さぞや選手も肉体的に疲弊したのだろうと思いきや、優勝を飾ったマルケスは、「正直なところ、肉体的には特にきついレースというわけではなかった」と、この日の戦いを振り返った。その理由は、「レース中にペースが遅いときもあったから」なのだという。
 たしかに、総レース時間を見ると、マルケスの今回の優勝タイム41分13秒863はずば抜けて速いわけではなく、過去のデータを見れば40分台の優勝タイムだった年もある。だからといって、この戦いが優勝したマルケスにとって決して楽に推移したわけではない。それは、激しいバトルが続いていた最中の戦略を振り返って述べた彼自身の以下のことばからも明らかだ。
「問題は攻撃と防御のタイミング。攻めると同時に守らないと、今度は自分が後ろから攻められる目に遭う」
「今日のようなレースだと、風が強くてラップタイムも遅く、皆のタイヤ選択もさまざまだから、それぞれがそれぞれのやりかたでレース展開をコントロールしようとしていて、そういう場合にはライダーの差がハッキリとあらわれる。どんなふうに仕掛けるのか、いつ攻めるのかはきわめて正確でなければならないし、抜きどころや守りどころも重要」
 その精緻な見極めで、マルケスはライバル勢よりも一枚上手をいくことのできる余力を残していた、ということなのだろう。
「最後はクレバーに狙い澄まして全力を振り絞って攻め、差を開くことができた。最後の最後に自分のラインを使い、プラクティスのときと同様のペースでプッシュした」
23周目に集団を引き離し始めたマルケスは、24周目に1.070秒、25周目には1.810秒と、着実に差を広げて26周の戦いを逃げ切った。今季4勝目で25ポイントを加算して、ランキング2位のロッシには41点差をつけ、3番手のビニャーレスはそこからさらに6点背後にいる。
 現状ではシーズン全19戦の半分以上を残しているので、40点や50点の差は十分に挽回可能だ。だが、8戦中4戦に勝利して年間総合首位の座を守っているマルケスと、ランキング2位と3位につけているものの、優勝にはまだ手が届かないままでいるロッシとビニャーレスの距離は、実際の数字以上に大きなギャップがある。それは、ごくわずかのタイム差とはいえ、レース終盤で満を持して着実に差を開いていった今回の2秒差と同様の、深く重い溝である。
この記事は2018年度の記事です。2019年シーズは白熱バトルの末、マーベリックビニャーレスが勝利しました。
ここダッチTTオランダGPでの見どころはなんといっても最終コーナー立ち合がりの加速が一番の見せ場ですね。ここの動画をスローモーションでみると飛んでもなくカッコイイですよね。
どうぞ最後まで動画をご覧ください。

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...