Loading...

【日本食・五目寿司と日本のビール】アキーラさん堪能②ポーランド・クラクフ・日本美術技術センター「マンガ館」,Japanese art museum``Manggha`` Krakow,,Poland

419 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Aug 11, 2018

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明のホームページは下記
http://yukokunoshi-akira.com/

アメブロ(アキーラさん海外見聞録)は下記をクリック
http://ameblo.jp/yukokunoshi

Youtube1別チャンネル(フーテンの旅人アキーラ旅Travel Channel1)
https://www.youtube.com/user/Yuukokun...

Youtube別チャンネル(ジャーナリスト大川原 明)
https://www.youtube.com/channel/UCEfs...

Youtube別チャンネル(アキーラ/タイランド微笑みの国チャンネル)
https://www.youtube.com/channel/UCglk...

Travel.jpたびねすに旅行記事寄稿
http://guide.travel.co.jp/navigtr/730/

【世界で愛される日本の美術品】 I visited the Japanese art and technical museum``Manggha`` in Krakow city,Poland. A polish man who loved old Japanese art collect a lot of Japanese art things and after his death donated to national museum and a Polish man bought those and established the special museum in Nov 1994. 本日は、6年ぶりにクラクフ市内にある日本美術・技術センター「マンガ館」訪問。マンガ?と聞いて、漫画の展示と連想されるかもしれませんが、ここは、日本美術を愛し、長年にわたり日本美術品を収集した故フェリクス・マンガ・ヤシェンスキ氏が集めた約7000点に及ぶ日本美術品が展示されています。 ヤシェンスキ氏の死後、美術品は国立美術館に寄贈された後、映画監督アンジェイ・ワイダ氏が中心になり資金調達をし(日本の団体も資金援助)、1994年に11月に開業。 マンガ館のマンガとはヤシェンスキ氏のミドルネーム兼ペンネーム、そして北斎漫画のマンガかたとったものです。 建物を建築したのは世界的に有名な日本人建築家である磯崎新氏。 収集品の中心は4600点に及ぶ浮世絵で、2000点を超える安藤広重作品、重政、歌麿、北斎、写楽などの著名浮世絵師の作品がほとんど揃っています。 他に、武具や漆器、着物などもおさめられています。

ご飯と味噌汁の次は五目寿司を堪能。日本人料理人が教えたと思われますが、非常に美味です。(現地人向けに酢の量は少ないが)
キリンビールと共に、ポーランド最長のヴィスワ川と歴代ポーランド王の居城「ヴァヴェル城」を眺めながら。至福のひとときです。

価格は、ご飯と味噌汁、五目寿司、ビール、コーラ、チップ込みで1500円ほど。

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...