Loading...

45 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on May 6, 2019

ロリス・カピロッシ, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=5... / CC BY SA 3.0

#イタリアのライダー
#エミリア=ロマーニャ州出身の人物
#1973年生
#存命人物
ロリス・カピロッシ

ロリス・カピロッシ("Loris Capirossi"、1973年4月4日 - )は、イタリア・エミリア・ロマーニャ州ボローニャ県カステル・サン・ピエトロ・テルメ出身のオートバイレーサー。

、のロードレース世界選手権125ccクラスチャンピオン、の250ccクラスチャンピオン。同選手権で1990年からまでの22年間にわたって活躍し、史上最多参戦記録(328戦)を持つ。

4歳の時からオフロードバイクに乗り始め、ロードレースに転向した1987年にはスポーツプロダクション選手権でシリーズランキング6位となった。翌1988年にはイタリア選手権125ccクラスでシリーズ9位を記録、1989年にはヨーロッパ125cc選手権で4勝を挙げてシリーズ4位となった。

、カピロッシはパオロ・ピレリが率いるチームからホンダ・RS125Rを駆ってロードレース世界選手権125ccクラスにデビューした。第3戦ネイションズGPで初表彰台(3位)、第11戦イギリスGPで初優勝、第14戦ハンガリーGPで2勝目を挙げるなどの活躍を見せ、オランダのハンス・スパーンらとチャンピオン争いを展開した。

迎えた最終戦オーストラリアGPではチームメイトのファウスト・グレシーニ、イタリアンライダーのドリアーノ・ロンボニ、ブルーノ・カサノバが、スパーンをブロックすることでトップを走るカピロッシのチャンプ獲得を支援した。これに怒ったスパーンは、レース中にグレシーニに殴りかかろうとした。結局スパーンは4位に終わり、カピロッシはシーズン3勝目を挙げたことにより選手権史上最年少となる17歳と165日でチャンピオンに輝くこととなった。この最年少記録は現在でも破られていない。

翌もピレリチームに残留。シーズン5勝を挙げ、グレシーニを抑えてタイトル防衛を果たした。

、カピロッシはマールボロのスポンサードを得てピレリチームから250ccクラスにステップアップを果たした。プライベーター仕様のホンダ・RS250Rではワークスマシン勢に歯が立たず、最高位は最終戦南アフリカGPでの5位、年間ランキングは12位に留まった。

翌にファクトリースペックのホンダ・NSR250を獲得すると速さを取り戻し、第7戦ダッチTTでクラス初優勝。その後も第9戦サンマリノGPで2勝目、第13戦アメリカGPで3勝目を挙げるなど好成績を残し、ヤマハ・TZ250Mを駆る原田哲也を抑えてチャンピオン争いをリードした。

最終戦、ハラマで開催されたFIM GP、カピロッシは3位以上でゴールすれば原田の順位に係わらずチャンピオンが獲得できる状況だったが、タイヤに問題を抱えて途中コースアウトを喫し結果は5位、勝利を挙げた原田に4ポイント差で敗れてシリーズ2位に終わった。

は4勝を挙げたものの、マックス・ビアッジ(アプリリア)・岡田忠之(ホンダ)とのチャンピオン争いにはシーズン終盤に脱落し、年間ランキングは3位に終わった。

、カピロッシはピレリチームと共に最高峰500ccクラスにホンダ・NSR500を駆ってデビューした。第2戦マレーシアGPで早くもフロントロウを獲得するなど予選での速さを見せたが、決勝ではマシンセットアップに苦しんで順位を落とすレースが続いた。それでも最終戦ヨーロッパGP(カタルニア)ではシーズン5度目のフロントロウからクラス初表彰台(3位)を獲得し、年間ランキングでは6位を記録した。

翌にはウェイン・レイニー率いるヤマハワークスに移籍、YZR500に乗り換えた。最終戦オーストラリアGPでは、ファイナルラップにトップ争い中だったレプソル・ホンダのミック・ドゥーハンとアレックス・クリビーレの同士討ちに助けられる形ではあったもののクラス初優勝を遂げた。しかしシーズンを通して見ると走りが安定せず、6度ものリタイヤが響いて年間ランキングは10位に終わった。

、カピロッシは250ccクラスに戻り、アプリリアワークスに所属することとなった。復帰初年度は3位表彰台を3度獲得するに留まり、シリーズ順位は6位に終わった。

翌は第3戦スペインGP、第8戦イギリスGPと2勝を挙げたほか安定して表彰台に立ち、5勝を挙げたチームメイトの原田哲也とチャンピオン争いを展開した。カピロッシが4ポイントのアドバンテージを持って迎えた最終戦アルゼンチンGPのファイナルラップでは2位原田・3位カピロッシの順で走行、そのままゴールすれば2人は同ポイントに並び、勝利数で優る...

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...