Loading...

30 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on May 17, 2019

江草隆繁, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=7... / CC BY SA 3.0

#大日本帝国海軍搭乗員
#日中戦争の人物
#真珠湾攻撃の人物
#太平洋戦争で戦死した人物
#海軍兵学校_(日本)出身の人物
#広島県出身の人物
#1909年生
#1944年没
江草隆繁

江草 隆繁(えぐさ たかしげ、1909年(明治42年)9月4日 - 1944年(昭和19年)6月15日)は、日本の海軍軍人。海兵58期。五二一空陸上爆撃機搭乗員として参加したあ号作戦で戦死した。最終階級は海軍大佐。

1909年(明治42年)9月4日、広島県芦品郡有磨村下有地(現・福山市芦田町)に農家の九右衛門とキタの三男として生まれた。江草家は旧家で代々地主である。江草姓は、同地方の戦国時代の豪族などに見られ、広島と岡山の県境に多く見られる。

1925年(大正14年)、海軍兵学校と陸軍士官学校の両方を合格。江草は海兵に行く気だったが、入校直前の身体検査で結核と誤診されて海兵57期には入校できなかった。1926年(大正15年)3月、旧制府中中学校(現・広島県立府中高等学校)を第1期生として卒業。同級に浦上豊、岡崎平夫ら。1927年(昭和2年)4月8日、海軍兵学校58期として入校。同期には村田重治、中島正、奥宮正武ら。1930年(昭和5年)11月18日、海兵58期を卒業。58期生は少尉候補生として装甲巡洋艦出雲・八雲に乗組し練習航海に出発。1931年(昭和6年)重巡洋艦羽黒乗組。1932年(昭和7年)4月1日海軍少尉。

1933年(昭和8年)11月、第24期飛行科学生を卒業。海軍中尉に昇進する。艦上攻撃機搭乗員となり水平爆撃、雷撃の延長訓練を受けるため館山海軍航空隊に配属。1934年(昭和9年)4月、空母鳳翔乗組。1935年(昭和10年)10月、佐伯海軍航空隊(佐伯空)着任。源田実大尉の研究により正式採用された急降下爆撃の訓練を受け、江草は艦上攻撃機から艦上爆撃機に転科した。「九四式特殊爆撃機」で急降下爆撃の訓練が行われたが、荷重と気圧の激変による航空障害を伴う過酷なものだった。

1936年(昭和11年)11月、海軍大尉、佐伯空分隊長。1937年(昭和12年)9月、南京爆撃に参加。12月、空母龍驤分隊長となり、中国の沿岸封鎖作戦と発艦訓練に当たる。

1939年(昭和14年)10月、岡村基春海軍中佐の妹・聖子と結婚する。媒酌は大西瀧治郎夫妻。岡村中佐が「わが妹を嫁にやるに適した人物は、海軍広しといえどもこの男をおいて他になし」と妹に強く勧めたことが馴れ初めであった。

11月、横須賀海軍航空隊(横空)分隊長兼教官。急降下爆撃法の研究を行う。

1941年(昭和16年)8月、第一航空艦隊(通称・南雲機動部隊)に所属する空母蒼龍の艦爆隊長に着任。真珠湾攻撃に向けて猛特訓を積む。江草の酒の強さは、機動部隊一、連合艦隊一と評されたが、酔って乱れることはなかった。

12月8日、真珠湾攻撃に参加する。太平洋戦争開戦。
江草は、嶋崎重和少佐を総指揮官とする第二次攻撃隊の急降下爆撃隊78機を指揮した。嶋崎少佐直率の水平爆撃隊54機、進藤三郎大尉率いる制空隊35機とともに、第一次攻撃隊の機影が姿を消した直後の真珠湾上空に姿を現す。あたりは敵の高角砲弾が撃ち上げる弾幕でかすんでいたが、濃緑色の地に虎の縞模様の入った江草指揮機は大胆にも4000mという危険な高さから、弾幕を突き切って大編隊のまま湾上空を大きく旋回し一巡。これは第1次の戦果確認と第2次の攻撃目標を見極めるための冷静沈着な行動だった。黒煙に覆われた湾内は目標を視認するのもままならず、敵の対空砲火や迎撃してくる戦闘機も増大。「トツレ」(突撃準備隊形つくれ)の下令とともに、急降下爆撃隊は第1次攻撃を免れたアメリカの戦艦ペンシルベニア、湾外へ逃げようとしたネバダなどに襲いかかった。江草隊はほぼ1時間攻撃を繰り返したが、指揮機に積んでいたのは空母爆撃用の250キロ爆弾であり、米空母の不在で使用することなく蒼龍に帰還している。

1942年(昭和17年)1月、江草は再び蒼龍に乗り太平洋を南下した。赤道を越えた南雲機動部隊は1月〜2月にアンボンを攻撃、2月に豪州ポートダーウィンを攻撃した。

2月、南雲機動部隊に参加。ジャワ沖掃蕩作戦では走行中のアメリカ・イギリス・オランダの連合軍の艦船を次々に沈めた。3月5日の航空爆撃では在泊20隻をほとんど撃沈、連合軍は白旗を揚げた。

4月5日の南雲機動部隊によるインド洋作戦時、セイロン島沖にてイギリス海軍の重巡洋艦ドーセットーシャー、同コーンウォールを攻撃した際には九九式艦上爆撃機での急降下爆撃の命中率は実に87...

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...