Loading...

【ツール・ド・フランス15】第1ステージ個人TT、デニスが史上最高速で初マイヨジョーヌ

668 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 5, 2015

2015年ツール・ド・フランスが、7月4日にオランダ・ユトレヒトで開幕。第1ステージは13.8kmの個人タイムトライアルで争われ、オーストラリアのローハン・デニス(BMCレーシング)がツール史上最速の平均速度を記録し、自身初のステージ優勝とマイヨジョーヌを獲得した。

平坦だが、テクニカルなコーナーが多いコースで争われたこの日の個人TT。198選手中38人目と序盤にスタートしたデニスが、初めて15分を切る14分56秒をマークし、暫定トップに立つ。

後半に入り、地元オランダの優勝候補トム・ドゥムラン(ジャイアント・アルペシン)は8秒遅れ、元TT世界王者の2人、トニー・マルティン(エティックス・クイックステップ)は5秒遅れ、ファビアン・カンチェラーラ(トレックファクトリーレーシング)は6秒遅れでフィニッシュし、デニスのタイムに届かない。

この結果、デニスがツールの個人TT史上最速の平均スピード55.446km/hで自身初のステージ優勝を獲得し、オランダ国王からマイヨジョーヌを受け取った。

注目の総合優勝候補4強の中では、2連覇を狙うビンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ)が15分39秒と最も好タイム。クリストファー・フルーム(チームスカイ)が7秒遅れ、アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)が15秒遅れ、序盤に出走したナイロ・キンタナ(モビスター)が18秒遅れで続いた。

その他の総合での注目選手の中では、地元オランダのウィルコ・ケルデルマン(ロットNLジャンボ)をはじめ、リゴベルト・ウラン(エティックス・クイックステップ)、ティボー・ピノ(FDJ)らが4強を上回るタイムを叩き出し、アドバンテージを得ている。引用ヤフーニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=201...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...