Loading...

▽斎藤:かまカフェ@東京、再び【釜援隊がゆく vol.11】

62 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Nov 20, 2015

こんにちは、マネジメント兼観光チームリーダーの齋藤学です。 釜石で冬を迎えるのも3回目になりますが、故郷の北海道より寒い気がします…。
11/24(火)に、日本橋にて【かまカフェ】が再びOpenします。
かまカフェは、釜石に"想い"を持つ人達が気軽に集まれる場所づくりとして、三陸ひとつなぎ学校、HUB三陸、釜石市の3者の協働プロジェクトです。大好評だった一回目は、なんと50人のお客さんが集まってくださいました(僕も驚きました)。
今回は、釜石外にはほとんど出回らない幻のフルーツ『甲子柿 (かっしがき)』で作った、スイーツプレートを用意してお待ちしています。
甲子柿は、渋柿を柿室(かきむろ)と呼ばれる密閉した空間で燻して脱渋する、という独特の製法でつくられます。非常に軟らかく、ゼリーのような食感です。
また、トマトのように鮮やかな紅色をしており、リコピンはなんと、普通の柿の30倍だと聞きました。
ビタミンCやカリウムも豊富ですので、美容と健康に最適…とのことですよ。
「何故、釜石に繋がる人を増やしたいのか?」
周りからよく聞かれる質問です。
僕は、地方が今後日本の未来を支える要になると思って、これらの事業に関わってきました。
地方には、これからの日本が活用できる「資源」がたくさんあると思うのです。
ひとまず、
東京近辺にいるみなさん。11月24日はかまカフェへ。
学校帰り、お仕事帰りにふらっと寄ってみてくださいね。
お待ちしています。
(斎藤)
▷かまカフェについて https://www.facebook.com/events/46743...

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...