Loading...

群馬 前橋 歯科 削らない インプラント Q&A304 最新の虫歯治療(カリソルブ・3Mix・ヒールオゾン) 抗生物質

753 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Sep 26, 2015

診療をご希望の方はフクロ歯科医院までご連絡ください。
群馬県前橋市千代田町3−6−6
電話0120-998-418(027-231-5320)
HP:www.owl.gr.jp
e-mail:fukuro@owl.gr.jp

今日は、新しい材料というか、そういった話題です。

『オゾン、3mix、カリソルブなどは適応できますか』
というお話です。

— 上前歯に虫歯ができてしまいました。
  前歯裏、隣の前歯との間付近の黒っぽい色が、
  前からうっすら透けて見える状態です。     ある病院では、
  「前歯にヒビが入っていて、
   歯全体を覆うかぶせものをしないといけない」
  と言われました。     なるべく元の歯を残して、
  できれば削らずに治療したいのですが、     最近話題のオゾン、3mix、カリソルブ等
  といった治療は適応できますか。
  
といったお話です。
30代女性の方からいただきました。

歯自体にヒビが入っているということは、
垂直的だとかの破折線が入りやすくなっている状態だと思うのです。

そういった状態でやるのだとすれば、
やはりかぶせるというのは、かなり一つの有効手段だと思います。

そうだとすると、もうそこまで進行しすぎていては、
こういった治療は適用できないと思ってください。

これらの治療は、すべて保険治療ではないですし、
まずは、かぶせるものもすべてそのあとは自由診療のものになってしまいます。

ある程度小さい虫歯や虫歯になりかけている状態から、
元の状態になるかどうか分からないのですが、

ある程度そのままの状態でいけますよということで、
こういった治療はさせていただくことがあります。

まず、3mix法というのは、
虫歯になった部分を3種類の抗菌剤を使って埋めていく方法です。

3mixを入れたあとにセメントを入れて、
さらに上に詰め物をすることができるとされていて、

実は2種類の方法があるみたいで、
3mix−mpと言われている方法と、
3mix法と言われている方法の二通りがあります。

どちらも画期的なものなのですけど、
剤品の性質等が不安定なのと、
これ自体が認められている方法ではないので、

否定的な立場を取る先生も、これについては多いと思います。

というのは、
化学的に、確実に認められていて発表されているもの、

あるいは、剤品として世に出ているものではないので、
これ自体はやはり民間療法の一つと、
今のところはするしかないかなというふうに思っています。

それから、カリソルブ(carisolv)です。

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...