Loading...

Symphony No. 6 in B minor, Pathétique first movement 2/5 HMV130

595 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Nov 1, 2009

交響曲第6番ロ短調作品74『悲愴』第1楽章
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
Wilhelm Furtwngler
[1886―1954]
ドイツの指揮者。トスカニーニと並んで20世紀を代表する巨匠。ベルリン大学考古学教授を父として1月25日ベルリンに生まれる。初め作曲を学んだが、1906年指揮者としてデビュー。リューベック、ついでマンハイムの歌劇場で経験を積みつつ、ドイツ各地に客演して頭角を現した。22年名指揮者ニキシュの後任としてライプツィヒ・ゲバントハウス管弦楽団ならびにベルリン・フィルハーモニーの指揮者に就任、ドイツの指導的な指揮者としての地位を確保、ついでワインガルトナーの後任としてウィーン・フィルハーモニーの指揮者も兼任、さらにバイロイト音楽祭やベルリン国立歌劇場の総監督も務めた。国外での活動も増え、25年のニューヨーク・フィルハーモニーをはじめ各地に客演。第二次世界大戦中ドイツにとどまって活動したため、戦後、戦犯容疑をかけられたが無罪。47年活動を再開するや、ヨーロッパの主要ポストをほとんど手中に収め、ヨーロッパ楽界に君臨した。肺炎のためバーデン・バーデンで54年11月30日死去。その指揮は激しい緊迫感と深い感動を伴うと評されたが、それは作品を再創造する演奏を目ざし、つねに徹底した作品解釈を怠らなかった賜物である。なかでもベートーベン、ワーグナー、ブルックナー、ブラームスは高い境地を示しており、絶品と称賛され、残された多くのレコードによってその一端をうかがうことができる。
チャイコフスキー
Pyotr Il'ich Chaykovskiy
[1840―93]
19世紀ロシアの代表的作曲家。民族主義的な傾向の強いロシア国民楽派のなかにあって、西欧の伝統に根ざした手法を用い、民族的素材をより洗練された形で活用して多くの名作を生み出した。なかでも交響曲、協奏曲は今日の演奏会のスタンダード・ナンバーとして多くの聴衆を獲得し、バレエ音楽も古典としての確固たる位置を占めている。
HMV130
小型卓上式蓄音機の傑作。エキスポネンシャル式ホーンを採用したモデルで優秀な No.5aサウンドボックスとあいまってバランスの良い音をきかせる。モーターは2丁ゼンマイ式

  • Category

  • License

    • Standard YouTube License
  • Song

    • Symphony No. 6 in B Minor - "Pathétique"
  • Artist

    • Berliner Philharmoniker
  • Album

    • Tchaikovsky, Smetana, Liszt
  • Licensed by

    • The Orchard Music (on behalf of Fono)

Loading...

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...