Loading...

子猫の音楽療法~風邪ひきの子猫に聴かせたいモーツアルト 特選!全4曲~ピアノ協奏曲20・27/オーボエ四重奏曲ヘ長調 K.370 ミケランジェリ /ジュリーニ、BACKHAUS/BOHM

123 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 21, 2018

20180721 制作 秋蛇星短編映画製作所
子猫の音楽療法~風邪ひきの子猫に 聴かせたいモーツアルト 特選!全4曲~ピアノ協奏曲21・20・27/オーボエ四重奏曲ヘ長調 K.370 ディヌ・リパッティ/カラヤン ミケランジェリ /ジュリーニ 他
listen Mozart while watching the kitty cats (Special selection! 4 songs) Piano Concerto 21 · 20 · 27 / Oboe Quartet f major / F major K.370 Dinu · Ripatti / Karajan Michelangeli / Julini et al
風邪ひきの子猫を見ながら 聴いていたいモーツアルト (特選!全4曲)ピアノ協奏曲21・20・27/オーボエ四重奏曲ヘ長調 K.370 ディヌ・リパッティ/カラヤン ミケランジェリ /ジュリーニ 他
モーツァルト ピアノ協奏曲第21番ハ長調 K.467
Pディヌ・リパッティ
指揮ヘルベルト・フォン・カラヤン
ルツェルン音楽祭弦楽合奏団(ルツェルン祝祭弦楽合奏団)
1950年録音

モーツァルト ピアノ協奏曲第20番ニ短調 K.466
Pアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ
指揮カルロ・マリア・ジュリーニ
ローマ・イタリア放送交響楽団
1951年録音.

モーツァルト ピアノ協奏曲第27番変ロ長調
K.595
BACKHAUS/BOHM/VIENNA
Pクララ・ハスキル
指揮フェレンツ・フリッチャイ
バイエルン国立管弦楽団
1957年録音

モーツァルト
オーボエ四重奏曲ヘ長調 K.370
Ob:ハンス・カメシュ
ウィーン・コンツェルトハウス弦楽四重奏団
1950年録音

Piano Concerto No. 21 in C Major, K.467: III. Allegro vivace assai - Dinu Lipatti/Lucerne Festival Orchestra/Herbert von Karajan
サウンド レコーディング
22:46 - 29:10 一致を再生
WMG
(EMI Classics の代理)
一部の国でブロックされました
曲を削除
異議を申し立てる
Romanza - Carlo Maria Giulini
サウンド レコーディング
43:28 - 50:00 一致を再生
WMG
(Fonit Cetra Classics の代理)
著作権者によって収益化されています
曲を削除
異議を申し立てる
II. Larghetto - Clara Haskil
サウンド レコーディング
1:14:50 - 1:20:00 一致を再生
NaxosofAmerica
(Andromeda の代理)
著作権者によって収益化されています
曲を削除
異議を申し立てる
Piano Concerto No. 21 in C Major, K.467: I. Allegro maestoso - Dinu Lipatti/Lucerne Festival Orchestra/Herbert von Karajan
サウンド レコーディング
0:11 - 10:00 一致を再生
WMG
(EMI Classics の代理)
一部の国でブロックされました
曲を削除
異議を申し立てる
Piano Concerto No. 21 in C Major, K.467: II. Andante - Dinu Lipatti/Lucerne Festival Orchestra/Herbert von Karajan
サウンド レコーディング
15:28 - 20:00 一致を再生
WMG
(EMI Classics の代理)
一部の国でブロックされました
曲を削除
異議を申し立てる
PD/IT MASS LOAD - BACKHAUS/BOHM/VIENNA
サウンド レコーディング
1:01:32 - 1:14:46 一致を再生
UMG
著作権者によって収益化されています
曲を削除
異議を申し立てる
Concert for Piano and Orchestra No. 20 in Re Minor, K. 466 - Symphony of Rome, Carlo Maria Guilini
サウンド レコーディング
53:23 - 1:00:00 一致を再生
The Orchard Music
(LRC Ltd. の代理)
著作権者によって収益化されています
曲を削除
異議を申し立てる
Concert for Piano and Orchestra No. 20 in Re Minor, K. 466 - Symphony of Rome, Carlo Maria Guilini
サウンド レコーディング
29:51 - 40:00 一致を再生
The Orchard Music
(LRC Ltd. の代理)
著作権者によって収益化されています
曲を削除
異議を申し立てる
3. Allegro - Ferenc Fricsay [Conductor], Clara Haskil [Piano], Bavarian State
サウンド レコーディング
1:22:37 - 1:30:00 一致を再生
UMG
(Philips Classics の代理)
著作権者によって収益化されています
曲を削除
異議を申し立てる
数百万曲もの著作権ポリシーを調べることができます

1201781年、モーツァルトは生まれ故郷ザルツブルクを追い
出され、ウィーンでフリーの音楽家として生活することになっ
た。

彼にとってここでの生活の糧は、裕福な貴族や社交界を対
象にしたコンサートであった。彼は、ピアノの名手ということもあ
り、18年の間に21曲のピアノ協奏曲を書き上げた。特に、こ
の曲が作曲された1784年から1786年までは、音楽家として
作曲・演奏ともに円熟味が増し、またそれらを発表する良い
機会も得て順風満帆の時期となった。

モーツァルトは、短調のピアノ協奏曲を2曲(もう1曲は第24
番ハ短調 K. 491)作曲している。華やかさが求められた当時
の協奏曲とはうってかわって、それまでの彼の協奏曲には見ら
れない、激しいパッションの表出的な性格を帯びている。暗く
不安げな旋律、劇的な展開、厳しさと激しさの入り混じった
感情など、とても強い表現性を持った作品といえる。
演を迎えていた前日、まだパート譜の写譜が間
に合ってはいなかった。土壇場で完成した曲にもかかわらず、
ちょうど演奏会当日にウィーンに訪れた父レオポルト・モーツァ
ルトは、「この協奏曲は堂々としていて、オーケストラも立派に
演奏しのけた」とモーツァルトの姉ナンネルに報告している。こ
の曲を境として、モーツァルトらしさが出てきた作品が多くなっ
たといわれている。この作品は、モーツァルトの死後も演奏さ
れた数少ない協奏曲の1つである。

第1楽章の365小節目と第3楽章の345小節目にはカデン
ツァの指定がある。作曲者自身によるカデンツァは残されてい
ないが、若きベートーヴェンやブラームスはこの曲に心酔し、
自作のカデンツァを作曲している。とりわけベートーヴェンによ
るカデンツァは有名で、演奏会や録音で最もよく演奏されて
いる。演奏者自身が作曲したカデンツァを弾くこともある。

シャルル=ヴァランタン・アルカンは全楽章をピアノ独奏用に
編曲しており、第1楽章のカデンツァでは本曲と交響曲第41
番ハ長調 K. 551『ジュピター』の第1楽章のモティーフが、第3
楽章のカデンツァでは本曲の第1楽章と第2楽章のモティーフ
が展開される。
モーツァルトの弟子のヨハン・ネポムク・フンメルは、カデンツァを作曲すると共に、ピアノ・フルート・ヴァイオリン・チェロ用の編曲を残しており、白神典子らが録音している。
第23番イ長調 K. 488と共に、ヨシフ・スターリンが最も好んだ
モーツァルトの楽曲であり、大粛清が行われた恐怖政治の
絶頂期に、孤独にラジオを聴いていたスターリンが、たまたま
流れたマリヤ・ユーディナが演奏したこの楽曲を聴いて涙を流
したと言われる。

本作は1791年、すなわちモーツァルト最期の年
に完成された。そのころモーツァルトの人気はすで
に低迷しており、3年以上も予約演奏会を開くこ
とが出来ずにいた。

3月4日、宮廷料理人イグナーツ・ヤーン邸において開
かれるコンサートにおいて、友人であるクラリネット奏者
ヨーゼフ・ベーアから出演依頼を受けたモーツァルト
は、1788年に第1楽章を手がけていた本作を完成させ
て演奏を行った。この演奏会がモーツァルトにとって演
奏者としてステージに登場した最後の機会となっ
ている。なお、この演奏会ではモーツァルトのかつ
ての恋人で義姉のアロイジア・ランゲがモーツァル
トのアリアを歌った。

本作はその清澄なスタイルからそれまでのモーツァ
ルトのピアノ協奏曲と一線を画すものであり、こん
にち彼のピアノ協奏曲の中でも演奏回数が最も
多いもののひとつである。

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...