Loading...

アキーラさん訪問①スペイン・バルセロナ・カサバトリョ,Casa Batlló,Barcelona,Spain

95 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Apr 5, 2013

2012年8月にスペインのバルセロナを再訪した際に、訪れたガウディ作品のカサ・バトリョ。2005年にユネスコの世界遺産に登録された。

カサ・バトリョとはスペイン語(カスティーリャ語)発音によるもので、カタルーニャ語ではカザ・バッリョと発音する。バトリョ邸(バッリョ邸)。
バルセロナ、アシャンプラのグラシア通り43番地に位置するカサ・バトリョは、1877年に建設された建物である。大繊維業者ジュゼップ・バッリョ・イ・カザノバスの依頼を受け、1904年から1906年にかけて、ガウディはこの邸宅の改築を行った。この改築でガウディは、建物に5階と地下室を加え、玄関広間を広げ、階段や内壁を作り直し、各部屋に曲線的なデザインを持ち込んで、タイルやステンドグラスの装飾を施した。

この邸宅の造形には様々な説がある。第一に、屋根の一部が丸く盛り上がり、まるでドラゴンの背中のように見えることから、カタルーニャの守護聖人であるサン・ジョルディの竜退治の伝説をなぞっているという解釈である。この解釈によれば塔は聖人の構える槍とされる。カサ・バトリョには、ファサードの石柱が骨を想起させることから「骨の家(Casa dels ossos)」というあだ名もあるが、竜退治説によればこの骨もドラゴンの犠牲になったものたちの骨と理解されている。

第二の解釈は屋根をアルルカンの帽子に見立て、ファサードのバルコニーは仮面を、ジュゼップ・マリア・ジュジョールによる様々な色の破砕タイルのモザイク(トランカディス)が祭りの紙吹雪を表しているとする謝肉祭説である。

邸内でガウディは自然光を効果的に取り込み、そのタイルの濃淡を変えている。これらの光と色の効果により海底洞窟をイメージして作られたとする説もある。

ガウディがカサ・バトリョのためにデザインした家具のうち、机とベンチについてはそれぞれ1つずつ邸内で見ることができる。残りの作品はカタルーニャ美術館が所蔵している。
カサ・バトリョは曲線を特徴とするモデルニスモの顕著な作例と見なされている。このことから、1984年に世界遺産となったグエル公園やカサ・ミラに追加される形で、2005年、アントニ・ガウディの作品群の1つとして世界遺産に登録された。
When I revisited the Barcelona of Spain in August 2012, and Casa Batllo Gaudi's work visited. It was registered as a World Heritage Site by UNESCO in 2005.

Things Spanish by (Castile language) pronunciation and Casa Batllo, and pronounced Caza-Barryo in Catalan. Casa Batlló (Barryo House).
Casa Batllo is located in the address 43 Passeig de Gracia in Barcelona, ​​Eixample is a building that was built in 1877. At the request of large textile trader Josep-Barryo y Kazanobasu, between 1906 to 1904, Gaudi was renovation of the mansion. In addition to the basement and five floors in the building, spread the front hall, and re-create the inner wall and stairs, to bring the design curve to each room, Gaudi, decor and stained glass tiles in this renovation.

There are various theories in the modeling of this mansion. It is interpreted first, from the fact that part of the roof upsurge round, it looks like the back of Dragon though, that they traced the legend of dragon extermination of San Jordi, the patron saint of Catalonia. Tower is a spear set up the Saints According to this interpretation. The Casa Batllo, there is also a nickname "House of Bones (Casa dels ossos)" and from that stone columns of the facade is reminiscent of bone, but of those who this bone was also the victim of Dragon according to the dragon extermination theory It is understood that the bone.

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...