Loading...

128 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on May 13, 2019

青木篤志, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=6... / CC BY SA 3.0

#日本のプロレスラー
#アマチュアレスリング出身のプロレスラー
#全日本プロレス所属のプロレスラー
#プロレスリング・ノアに所属したプロレスラー
#AAAに参戦したプロレスラー
#ジュニアヘビー級のプロレスラー
#日本の男子レスリング選手
#自衛隊出身のスポーツ選手
#陸上自衛官
#東京都区部出身の人物
青木篤志

青木 篤志(あおき あつし、1977年9月25日 - )は、日本のプロレスラー。元自衛官。東京都大田区出身。全日本プロレス所属。

自衛隊(市ヶ谷第32普通科連隊、朝霞駐屯地、青森第5普通科連隊)でレスリング選手として活躍した後、プロレスリング・ノアに入門。秋山準の付き人となった。
2005年12月24日に行われた年末興行でデビュー。当時同じく新人だった太田圭則(太田一平(引退))と組み、三沢光晴&田上明組と対戦した。

2006年、スターネスに加入。

2007年12月23日の「SEMful Gift in Differ '07」での秋山との対戦を皮切りに、「青木篤志“閃光十番勝負”」が組まれた。その後、デイビー・リチャーズに勝利するもKENTA、ブライアン・ダニエルソン、小川良成、カズ・ハヤシ、金丸義信、獣神サンダー・ライガー、丸藤正道、2010年2月28日の鈴木みのるの順に敗れ、1勝9敗で終了した。

2009年新日本プロレス「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」に出場。初戦でタイガーマスクに敗れたものの決勝トーナメント出場を果たした。

2010年5月23日、新潟市体育館で行われたAAA世界タッグ選手権で王者組の森嶋猛・石森太二に潮﨑豪とのタッグで勝利し、AAA世界タッグ王座(第6代)を獲得した。同年6月6日、メキシコシティで行われたトリプレマニア18にて、AAA世界タッグ選手権(4WAY MATCH)に敗れ、王座から陥落した。

2010年7月11日、新日本プロレスの後楽園大会において、プリンス・デヴィットが君臨するIWGPジュニアヘビー級王座に初挑戦するも、ブラディサンデーで敗れた。

2010年10月、第4回日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦にKENTAとタッグを組んで出場し、殆どの試合を自らがフォールを決めるなどしてKENTA以上の活躍をして優勝。

2010年11月23日、後楽園大会において金本浩二&タイガーマスク組が持つGHCジュニアヘビー級タッグ王座に挑戦するも敗退。2010年12月24日、ディファ有明大会にてパートナーを丸藤にして再度挑戦し、金本からアサルト・ポイントで勝利を収め初のGHCタイトルを戴冠した。丸藤とのタッグで2度防衛に成功するが丸藤が負傷で長期欠場することになり、これに伴って王座を返上することとなった。

2011年4月に鈴木鼓太郎、石森と「ANTI NO MERCY UNION(ANMU)」を結成し、金丸やKENTAら「NO MERCY」との抗争にかかる。2011年5月25日に鼓太郎とタッグを組んで空位となっていたGHCジュニアヘビー級タッグの王座決定戦に臨むが、金丸&KENTA組に敗れた。8月24日のリターンマッチに敗れるものの、10月16日の2度目のリターンマッチで金丸&KENTA組から王座奪取。以後、2012年7月22日にスペル・クレイジー&リッキー・マルビン組に敗れて王座陥落するまで7度の防衛に成功した。

鼓太郎とGHCジュニアタッグ王座を保持している間に、2012年3月には秋山軍(後のS・A・T)に加入した。

12月、年内をもってプロレスリング・ノア退団が会社より発表。12月24日有明大会を最後にノアを退団した。

2013年1月に行われた決起集会で、小橋からバーニングを託された秋山をリーダーに、潮崎、金丸、鼓太郎で再結成した。

1月26日、全日本プロレス「2013新春シャイニング・シリーズ」の最終戦に5人で来場し、参戦する事が発表された。

7月5日、全日本プロレスに正式入団。

2014年現在、長年組んでいた鼓太郎と決別し、現在は無党派の選手として活躍している。チャンピオンカーニバル参戦中のケンドー・カシンとタッグを組むことが多い。また、ウルティモ・ドラゴンのマスクを剥ぎ世界ジュニア挑戦を要求した。

5月16日、後楽園ホールで行われた「2014スーパーパワーシリーズ開幕戦」にて、ウルティモvs青木vs佐藤光留の世界ジュニア王座次期挑戦者査定3ウェイマッチ30分1本勝負を行ない、アサルト・ポイントで佐藤からフォールを奪い勝利。これに青木が「文句はないだろう?」とウルティモにアピールした。これに...

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...