Loading...

真珠湾・攻撃・そして、その後 ..映画で綴る

325,316 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Dec 26, 2017

南雲長官の「第二次攻撃中止」は、正しかったのではないか?
ハワイ時間午前8時54分(日本時間4時24分)・第二次空中攻撃隊「急降下爆撃隊78機」は、大損害を与えたアメリカ艦船に追い打ちをかける作戦であった。しかし、アメリカ軍は第二波攻撃隊襲来まで攻撃が下火になった15分 - 30分の“小休み”を使って、攻撃に対する準備を行っていた。飛行場の滑走路に飛び散った残骸を片付け、対空機銃や高射砲を据えつけ、海兵隊や陸軍歩兵は陣地を構築した。中には小銃で対空射撃をした兵士や、私物の拳銃や狩猟用ライフルを使う兵士もいた。第二波攻撃隊・旗艦赤城の阿部善次大尉は熾烈なアメリカ軍の対空砲火を見て「オアフ島の北端に達するやいなや、激しい防空放火が次第に我々に近づいてきたので、ぞっとするものを感じた。」と述べ、急降下爆撃隊の千早猛彦大尉は「敵の防御砲火熾烈(しれつ)」と打電している。また、攻撃隊が真珠湾に侵入したときには大火災の黒煙で戦艦泊地(バトルシップ・ロウ)が覆われており、正確に爆撃するのが困難となっていた。結果、攻撃隊は激しい対空砲火をあびながら、狙うことが可能な目標を攻撃するしかなかった...。第二波攻撃隊の被害は合計74機に達し、損傷機の多くがようやく帰還した状況であったからだ。

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...