Loading...

夏の八ヶ岳バリエーションルート阿弥陀岳南稜(前編)mountaineering

16,258 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Aug 3, 2008

八ケ岳連峰にあってバリエーションルートとして名高い阿弥陀岳南稜を真夏にひとりテントを担いで登ってきた。その時の映像である。前編は今回テント泊した稜線上の「P1・P2のコル」までの映像だ。南稜は全ルートを通して明瞭で、特に「P1・P2のコル」までは危険箇所もないに等しい。しかし、ルート上に宿泊施設は勿論、稜線取り付きから先には水場も一切ない。急登の連続であり体力勝負の登路だ。P2より先には若干の岩登り箇所もある。よって、初心者同士で行くのはお勧め出来ない。ある程度、山慣れた人が次のステップとして挑戦する初めてのバリエーションルートには最適なコースだ。しかし、P1までのピストンコースとするならば初心者同士の日帰り山行でも体力に自信さえあれば可能だ。P1までの日帰りでも一般ルートでは味わえないバリエーションルート独特の雰囲気や雄大な広河原沢奥壁の眺望など南稜登攀の醍醐味を十分に楽む事が出来よう。その場合も稜線上には水場が一切ないため、夏季なら水は最低1リットルは必要になろう。
 テント泊での調理用コンロはガソリンストーブがお勧めです。ガソリンストーブの良さは燃費が良くコンパクト、空のガス缶などのゴミが出ない点が良いですね。雪山も含め四季を通じたテント泊に於て信頼性No1のストーブと言えばスベア123Rをおいて他にありません。何故なら一人用テントの中でも安全に使えるガソリンストーブだからです。私はこのスベア123Rを更に使いやすいよう改造して使っています。興味ある方は私のHPの記事をご覧下さい。  http://pws.prserv.net/jpinet.yukitan/...

تسلق جبل في اليابان

***2010年9月現在のトピック***
ついにゴアテックス素材のテントが消滅しましたね。なんでもゴアテックス素材を製造している米国のWLゴア&アソシエイツ社がテント等に使われている第1世代のゴアテックス素材の製造を打ち切ったとか。米国の消防法の改正が原因との事。テントメーカー各社からゴアテックスに変わる次世代素材を使ったシングルウォールテントが発表発売されてます。各社発表のスペックを見るとゴアテックより若干劣っているのが気掛かりですが、、。私が愛用しているゴアライトXのシリーズも販売打ち切り。現在、ICI石井スポーツの新製品は「X-TRECK」なる素材を使ってますね。その他の各社(ニッピンとかアライとか)も素材の名称は違えどスペック的に大差は無いので出所は同じ素材なのかもね。実際に使った時の性能はいかほどか?。気になりますねぇ〜!!!。ちなみに、ICIのテントはアライのOEMですが、細かい部分にICIのエスプリが利いていて登山で使うには絶対にアライよりICIの方が良いですよ!

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...