Loading...

304 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jun 3, 2019

全日空61便ハイジャック事件, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1... / CC BY SA 3.0

#1999年の日本の事件
#全日本空輸のハイジャック事件
#日本で発生した航空事故
#平成時代の殺人事件
#東京都の交通史
#大田区の歴史
#東京国際空港
#1999年7月
#戦後の東京
全日空61便ハイジャック事件

全日空61便ハイジャック事件(ぜんにっくう61びんハイジャックじけん)は、1999年(平成11年)7月23日に発生したハイジャック事件。日本におけるハイジャックで人質が死亡した初めての事件である。


1999年(平成11年)7月23日午前11時23分、羽田空港発新千歳空港行きの全日本空輸61便(B747-400D)は乗員14人+乗客503人の計517人を乗せて羽田空港を離陸した。離陸直後、搭乗していた男(当時28歳、以下「犯人」と表記)が大声を上げながら立ち上がり、客室乗務員に包丁を突きつけ、コックピットへ行くよう指示。11時25分、長島機長(以下「A」と略)より地上管制に「ハイジャック発生」の緊急通報が発せられた。犯人はコックピットへ侵入した後、横須賀への飛行を指示し、Aらは指示に従い南西方向へ変針した。なお、この時に犯人は「高度3000フィート(約900m)に降下しろ」と要求していたため、機長らは航空管制官に「3000フィートへ降下する」旨を報告してから降下に入った。高度900mということは、軽飛行機やヘリコプターが飛行しているような低空であり、一歩間違えば空中衝突による大惨事に発展していた可能性もある。61便は木更津上空を通過して横須賀方面へ飛行し、犯人は続けて伊豆大島方面への飛行を指示した。

午前11時38分、犯人は副操縦士らをコックピットの外へ追い出して扉を閉め、Aと2人でコックピット内に留まった。11時45分には対策本部が設置された。

午前11時47分、61便は横須賀東方付近の上空に到達。三浦半島上空を通過して相模湾上空に入る。犯人は一旦大島方向に南下するコースを指示した。この時、偶然にも伊豆大島付近を飛行中だった小型機のパイロットと乗客が、自機より遥かに低い高度を飛行中の61便を目撃している。大島付近に到達すると、犯人は目的地を横田基地へと変更して変針するよう指示すると共に、機長に対して自分に操縦を行わせるように要求した(なお、犯人は針路変更等の指示において専門用語を用いていた)。
Aは要求に対して男をなだめようと試みたが、11時55分、犯人はAを包丁で刺した後、自ら機体を操縦しようと試み、操縦席に座って実際に操縦行為を始めた。61便は北に変針して神奈川県上空を降下しながら北上、横田基地付近で急旋回して南下を始めると共に急降下するなど迷走飛行を行う。急速に高度を下げたことから地上接近の警告音が鳴り、危険を感じた副操縦士と、千歳出発便の乗務のためデッドヘッド(非番)で乗り合わせていた機長・B(2006年に定年前退職)、それに乗客からの協力者数名が隙を突いてコックピットに突入。包丁を抱えた犯人を取り押さえて座席に拘束(現行犯人に対する私人逮捕を執行)し、副操縦士とBが機体のコントロールを奪還した。機体を急ぎ上昇させて高度を確保した。

12時3分、副操縦士より犯人を取り押さえた旨とAが刺傷されたことを伝える連絡が入る。副操縦士の操縦により61便は羽田へ引き返し12時14分に緊急着陸した。男は警察に引き渡されたが、Aは乗客として搭乗していた医師により機内で死亡が確認された。犯人が取り押さえられる寸前には機体は2分間に500m以上も高度を下げ、最も低くなった時には、高度200mという超低空飛行状態であった。仮に以降もそのまま降下を続けていれば八王子市南部の住宅街に墜落したと推測されており、その場合は、乗員乗客だけでなく、多数の市民も巻き込んでいたはずであり、1977年のテネリフェ空港ジャンボ機衝突事故の犠牲者583人、1985年の日本航空123便墜落事故の犠牲者520人を超える、史上最悪の航空事故となった可能性が高い。

事件当日、羽田からJAL機で大阪伊丹間を1往復し、復路到着後の61便への乗り継ぎ搭乗時に犯人自身が指摘した通り(→#犯人について)、手荷物検査をやり過ごして凶器(刃物)を機内に持ち込むことに成功し、犯行に及んだと推定されている。

犯行の際に購入した航空券は有効期限内であれば予約変更が自由である普通(ノーマル)運賃であり、旅行代理店窓口で手配が行われた。凶器を持ち込むために利用した羽田発伊丹行の予約では当時地下鉄サリン事件で特別手配中だった高橋克也と同名の「タカハシ・カツヤ」の偽名を使用した。羽田発新千歳行...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...