Loading...

オーストラリア・ブリスベン空港 離陸の瞬間 - シンガポール航空|mini Report

10,560 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Feb 25, 2015

シンガポール航空でブリスベン空港を離陸する瞬間を撮影してみました。
航空法の改正により、離着陸時でも電子機器が使えるようになったので、こういう撮影ができるようになりました。

◇ウェブサイト「まろけ村」はこちら!
http://maro.us/
 
◇twitterはコチラ!
https://twitter.com/maroke_jp
 
◇YouTubeチャンネル登録お願いします!
http://www.youtube.com/subscription_c...

Wikipedia
ブリスベン空港(英: Brisbane Airport)は、オーストラリア・クイーンズランド州ブリスベンにあり、同都市圏のほとんどの空輸需要をまかなう国際・国内空港である。元々、ブリスベン国際空港のあったイーグルファーム地区は農業地帯であったが、平地が多く飛行場建設に適していたことから、1925年にイーグルファーム空港(英語版)が開港し、翌1926年にはカンタス航空が定期便を就航させた。しかし、イーグルファーム飛行場は定期便の運航を開始したものの、当時のブリスベンの空の玄関口は12km程離れたアーチャーフィールド空港であり、イーグルファーム飛行場が本格的に整備されるのは、太平洋戦争中にダグラス・マッカーサーの司令部が置かれてからであった。戦後、1970年代にイーグルファーム空港の空港施設では将来の航空需要に対応できないことが判明したため、オーストラリア連邦政府主導のもと、イーグルファーム空港の北側を拡張して新空港を建設することが決定された。新空港はレイトン·ホールディングス(英語版)が工事を請け負い、モートン湾に浮かぶクリブ島(英語版)の土を使って行われ、1988年に開業した。航空法(こうくうほう、昭和27年7月15日法律第231号)は、航空機の航行の安全及び航空機の航行に起因する障害の防止などを目的としている日本の法律。2001年(平成13年)1月31日の日航機静岡県焼津市でのニアミス事故をきっかけに、全機体にTCASの装備を義務付ける改正がなされている。

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...