Loading...

8 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on May 1, 2019

ブルゲンラント州, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=4... / CC BY SA 3.0

#オーストリアの州
#ブルゲンラント州
#ハンガリーの歴史的地域
ブルゲンラント州

ブルゲンラント州()は、オーストリア共和国を構成する9つの連邦州のひとつ。州都はアイゼンシュタット。1921年にトリアノン条約とサン=ジェルマン条約によってハンガリー王国から領土を割譲され成立した。

ブルゲンラント(Burgenland)はドイツ語で「城の(多い)州」を意味する。これはハンガリー領であったときに構成していた4県(ポジョニ県・モション県・シュプロン県・ヴァシュ県)のドイツ語名(プレスブルク・ヴィーゼルブルク・エーデンブルク・アイゼンブルク)をまとめる名称として1919年に作られた「フィーアブルゲンラント」("Vierburgenland"、4つの城の州の意)という言葉に由来する。プレスブルク(スロバキア語名ブラチスラヴァ)がチェコスロバキア領となるなどしたため「4つの」は落とされたが、この地域には歴史的に東方からの異民族襲来に備えて多くの城があったため、州名として相応しいとして1922年の第1回州議会で採用された。

ハンガリー語では、通常ドイツ語名がそのまま用いられる。しかしこれを翻訳した"Várvidék"や、かつてこの地域にあった言語島に由来する"Őrvidék"や"Felső-Őrvidék"といった名前で呼ばれることもある。

ブルゲンラント・クロアチア語名の"Gradišće" や、スロベニア語名の"Gradiščansko"もドイツ語名をそれぞれの言語に翻訳したものである。

オーストリアの最東部に位置する州で、南北は166kmあるのに対し東西は最狭部(ジークグラーベン)で5kmしかない細長い形をしている。西側はニーダーエスターライヒ州およびシュタイアーマルク州と接しており、東側はスロバキア・ハンガリーおよびスロベニアとの国境となっている。

ブルゲンラントはパンノニア平原の西部にあたり、全域にわたって起伏の少ない平坦な地形である。州全土で農業が盛んで、とくにワインの産地でもある。

ハンガリーとの国境に、ヨーロッパに2つある流出河川のない湖のひとつであるノイジードラー湖(ハンガリー名:フェルテー湖)がある。これは2001年に「フェルテー湖/ノイジードラー湖の文化的景観」として世界遺産に登録された。

この地域に最初に人が居住したのは石器時代にまでさかのぼる。紀元前後にはローマ帝国に征服され、パンノニア属州に属していた。パンノニアは5世紀頃にローマ帝国からフン族へ割譲され、次いでゲルマン人の支配下に入った。8世紀末にこの地を支配していたアヴァール人はカール大帝の攻撃を受けてフランク王国に服属した。

10世紀はじめに今度はマジャル人がこの地を征服して東フランク王国へ侵入した。彼らはオットー1世に955年のレヒフェルトの戦いで敗れてドイツから撤退したが、パンノニアは引き続きマジャル人の支配下にあった。神聖ローマ皇帝ハインリヒ3世とハンガリー王ペーテル・オルセオロの間の和約により1043年にライタ川に国境が引かれ、以後1920年までの長きにわたって現在のブルゲンラントにあたる地域はハンガリー王国の西の端となっていた。

中世以降継続的にドイツからの移民があり、また16世紀以降はプロテスタントが神聖ローマ帝国内の宗派対立から逃れてくるようになったため、ハンガリー領内でありながらこの地域はドイツ人が卓越していた。1910年の国勢調査によれば、現在のブルゲンラント州の地域には291,800人の住人がおり、うち217,072人(74%)がドイツ語話者、43,633人(15%)がクロアチア語話者、26,225人(9%)がハンガリー語話者であった(ただしこの統計ではロマは先祖の母語で数えられている)。

1918年に第一次世界大戦に敗れたオーストリア=ハンガリー帝国が解体されると、第一共和政のオーストリアがドイツ人の多いこの地域を領有することになった。しかしこれを巡ってオーストリアとハンガリーの間に紛争がおき、1921年にイタリアの仲裁によって、ヴェネツィア議定書で一部地域では帰属を問う住民投票が行なわれた。この結果ブルゲンラント州の州都となることが予定されていたエーデンブルク(ハンガリー語名ショプロン)とその周辺がハンガリーに残留し、他の地域がブルゲンラント州としてオーストリアの連邦州となった。

1938年にナチス・ドイツによるオーストリア合邦(アンシュルス)がなされると、ブルゲンラント州は分割され、ニーダードナウ大管区およびシュタイアーマルク大管区に分割統合され...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...