Loading...

684B+676 システィーナ礼拝堂の謎(総集編)Mystery of Cappella Sistina

4,179 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Feb 8, 2014

684+674+673
『最後の審判+ミケランジェロの謎』
Mystery of Cappella Sistena, the world full of sorrows and sufferings. Who oppressed whom in Renaissance?
システィーナ礼拝堂の謎、そこは悲しみと苦しみの世界だった。ルネッサンスでは、だれが、だれを弾圧したのか?
And why did Michelangelo draw such paintings at Cappella Sistina?
また、なぜミケランジェロは、あのような絵画を、システィーナ礼拝堂に描いたのか。

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

『最後の審判』の謎を解こうとしましたが、やはり途中で気分が悪くなってしまい、ギブアップ。ミケランジェロの絵は、私には不気味すぎます。

Hiroshi Hayashi++++++++++++はやし浩司

【ミケランジェロ・最後の審判】
ウィキペディア百科事典
『最後の審判』には400名以上の人物が描かれている。中央では再臨したイエス・キリストが死者に裁きを下しており、向かって左側には天国へと昇天していく人々が、右側には地獄へと堕ちていく人々が描写されている。右下の水面に浮かんだ舟の上で、亡者に向かって櫂を振りかざしているのは冥府の渡し守カロンであり、この舟に乗せられた死者は、アケローン川を渡って地獄の各階層へと振り分けられていくという。ミケランジェロはこの地獄風景を描くのに、ダンテの『神曲』地獄篇のイメージを借りた。

システィーナ礼拝堂(Cappella Sistina)はサン・ピエトロ大聖堂に隣接し、バチカン宮殿内に建てられた礼拝堂。ミケランジェロが描いた創世記などの大天井画、最後の審判の壁画で有名。教皇を選出するコンクラーヴェの会場としてよく知られている。

アイデア、セオリーの無断、転用、転載、盗用、流用は、禁止です。
2014年01月31日現在、どなたにも許可していません。
リンク張りは自由にしてください。
No one has been allowed to use my ideas in this video without my permission and names.

Feb. 08th, 2014

はやし浩司
Hiroshi Hayashi

  • Category

  • Song

  • Artist

    • Keco Brandão
  • Album

    • Cosmos
  • Licensed to YouTube by

    • The Orchard Music (on behalf of Azul Music); CD Baby Sync Publishing, ASCAP, and 4 Music Rights Societies

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...