Loading...

柴咲コウ「重要なテーマを与えられた」水野美紀らキャストが脚本への思い明かす 「連続ドラマW 坂の途中の家」完成披露試写会

1,746 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Apr 26, 2019

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_c...

 女優の柴咲コウさんが4月23日、東京都内で行われた主演ドラマ「連続ドラマW 坂の途中の家」の完成披露試写会に共演の田辺誠一さん、伊藤歩さん、眞島秀和さん、水野美紀さんとともに登場した。

 柴咲さんは脚本を読んだときに、「読んだ瞬間からずっと、『社会とは』とか『社会での自分の役割』とかをものすごく考えるようになった。そういう重要なテーマを与えられたなというふうに思っています」と語り、「何か言ってしまった一言が相手を傷つけるんじゃないかという思いやりは必要ですが、何かを言うことが罪になるような社会になってほしくない。本当にバランスで、想像力が必要な世の中なんだなっていうのは、この作品に関わってからより深く考えるようになりました。皆さんも何かそういったことを考えるきっかけにしていただけたらうれしい」と呼びかけた。

 ドラマは、直木賞作家の角田光代さんの小説「坂の途中の家」(朝日文庫)が原作。3歳の娘と夫の3人で平穏な日々を送っていた山咲里沙子(柴咲さん)は、自分と同じ年ごろの専業主婦・安藤水穂(水野美紀さん)が、生後8カ月の娘を浴槽に落として虐待死させた刑事事件の裁判員候補者に選ばれる。同じ子供を持つ母として、里沙子は水穂に嫌悪感を抱くが、裁判の開廷後、徐々に水穂の境遇に自らの記憶を重ねていく……というストーリー。WOWOWプライムで27日から毎週土曜午後10時放送。全6話で初回は無料放送。

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...