Loading...

34 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Apr 11, 2019

シラユキヒメ, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1... / CC BY SA 3.0

#競馬の画像提供依頼
#1996年生_(競走馬)
#サラブレッド
#日本生産の競走馬
#日本調教の競走馬
シラユキヒメ

シラユキヒメとは日本で生まれた白毛の牝のサラブレッドである。馬名はグリム童話の『白雪姫』に由来する。

サンデーサイレンス産駒の白毛馬として話題を集めた。芦毛とは違い白毛は産まれたときから白い。鹿毛のウェイブウインドの初仔である本馬は、父が青鹿毛のサンデーサイレンスであるにもかかわらず、突然変異で誕生した白毛である。突然変異なので、本馬の弟妹には一頭も白毛は生まれていない。

突然変異の場合は白毛馬は非常に生まれる確率が低く、1万頭から2万頭に1頭ほどの確率でしか産まれない。そのため白毛馬は出走した頭数も少なく、地方競馬ではホワイトペガサスが南関東公営競馬で8勝を挙げているのを筆頭に数頭が勝利を挙げているが、中央競馬では本馬が競走馬としてデビューした2001年(平成13年)当時まだ勝利はなかった。

本馬はデビューが遅れたこともあって、出走したレースは中央競馬の500万円以下または900万円以下という厳しい条件であり、初勝利を挙げることはできなかったが、それでも9戦して一度3着に入っており、白毛馬としては中央競馬で初めて馬券に絡む着順(3着以内)に入っている。

競走馬引退後は繁殖牝馬となった。突然変異の本馬自身と違い、すでに白毛遺伝子(ほかの毛色に対して優勢)を持つ本馬の産駒はメンデルの法則により50パーセントの確率で白毛として生まれる。良血でもあるため、白毛の新系統誕生も期待されている。

出典:

2003年(平成15年)に生まれたシロクンは、2006年(平成18年)1月5日、美浦・後藤由之厩舎からデビュー。同年7月20日、競走馬登録を抹消。ノーザンホースパークで乗馬となったが、2008年(平成20年)8月に退厩。その後、関西方面に移動ののち、2009年(平成21年)1月頃を最後に消息不明となっている。

2004年(平成16年)に生まれたホワイトベッセルは、2007年(平成19年)2月18日、栗東・安田隆行厩舎からデビュー。同年4月1日、2戦目となる3歳未勝利戦で白毛馬初の中央競馬勝利を挙げた。2011年(平成23年)1月26日、競走馬登録を抹消。京都競馬場で誘導馬として活動した。詳細は当該項目を参照のこと。

2005年(平成17年)に生まれたユキチャンは、2007年(平成19年)7月8日、美浦・後藤由之厩舎からデビュー。2戦目と3戦目を連勝し、2008年(平成20年)6月18日、5戦目となる川崎競馬場の重賞・関東オークス (JpnII) では8馬身差で圧勝。世界初となる白毛馬による重賞勝利を挙げた。2009年(平成21年)9月、出走機会を求めて川崎競馬・山崎尋美厩舎に移籍。その後も重賞を2勝した。2010年(平成22年)12月28日、競走馬登録を抹消。同年NARグランプリ最優秀牝馬を獲得。繁殖牝馬となった。詳細は当該項目を参照のこと。

2006年(平成18年)に生まれる予定だった産駒(父ブラックホーク)は、流産した。

2007年(平成19年)に生まれたママズディッシュは、2009年(平成21年)9月6日、美浦・後藤由之厩舎からデビュー。2010年(平成22年)9月2日、競走馬登録を抹消。繁殖牝馬となった。

2008年(平成20年)に生まれた産駒は、結局デビューしないまま、シロベエという名前で京都競馬場で誘導馬として活動している。

2009年(平成21年)に生まれたマシュマロは、2011年11月13日、栗東・吉田直弘厩舎からデビュー。初戦の新馬戦を勝った。白毛馬の新馬戦勝利はJRA史上初である。2014年3月13日、競走馬登録を抹消。繁殖牝馬となった。

2010年(平成22年)に生まれたブラマンジェは、2012年(平成24年)11月17日、美浦・萩原清厩舎からデビュー。2013年(平成25年)6月5日、競走馬登録を抹消。繁殖牝馬となった。

2011年(平成23年)に生まれたマーブルケーキは、登録上は白毛だが、栗毛の斑点を有するブチ模様である。2014年(平成26年)1月19日、美浦・萩原清厩舎からデビュー。

2012年(平成24年)に生まれたブチコは、登録上は白毛だが、鹿毛の斑点を有するブチ模様であるだけではなく、鬣や耳も鹿毛となっている。2014年(平成26年)10月25日、栗東・音無秀孝厩舎からデビュー。2015年(平成27年)3月の1600万条件戦を制し、OP馬となった。ストレスに弱く、出走前にゲート内でパニックを起こす...

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...