Loading...

働き方改革 パート労働法へ契約社員も!

670 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Mar 2, 2019

【びんぷう社労士事務所】https://binpusr.com/kenkyuu/

今回は『パート労働法の対象拡大』についてお話いたします。

パート労働法の正式名称は
「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律」です。

短時間労働者とは、
簡単に言えばパートタイムやアルバイトの方のことです。

会社で同じ業務をしている正社員の人と比べて、
働く時間が短い人を指します。

これまで短時間労働者が対象になっていたところ、
2020年来年4月の改正では
有期雇用労働者も対象に含まれることになります。

有期雇用労働者とは契約社員の方をイメージしてください。
「有期」なので「期間の定めのある契約」をして
働いている方となります。

これまではパートやアルバイトの方を対象にしていた
バート労働法へ契約社員の方も含めますね。ということです。

対象が増えたことだけではなく、内容も改正が入っています。

1) 不合理な待遇差の禁止
会社内において、正社員の方と非正規社員の方との間で
基本給や賞与などの待遇について不合理な待遇差を
設けることが禁止されます。

2) 待遇に関する説明義務の強化
契約社員やパート・アルバイトの方は待遇差の内容や
理由について社長や代表に説明を求めることが
できるようになります。

そして求めがあった場合、
社長や代表は説明をしなければなりません。

3)行政による助言や指導、紛争解決など
あまりに酷い際には、都道府県労働局において
無料・非公開の紛争解決手続きをしてくれます。

裁判外紛争解決手続きと言って、
裁判をせずに会社と働く人との紛争を解決する
手続きをしてくれます。

正社員と非正規社員との不合理な待遇差の禁止が強化され、
契約社員として働く方には差別的な取扱いの禁止が適用され、
待遇ごとの判断基準を作ったガイドランの策定などが行われます。

改正点の一部の紹介となりますが、
ご参考になれば幸いです。

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...