Loading...

34 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jun 4, 2019

アレハンドロ・バルベルデ, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1... / CC BY SA 3.0

#スペインの男子自転車選手
#オリンピック自転車競技スペイン代表選手
#ブエルタ・ア・エスパーニャ総合優勝者
#スペインのドーピング違反選手
#ドーピング違反の自転車選手
#ムルシア出身の人物
#1980年生
#存命人物
アレハンドロ・バルベルデ

アレハンドロ・バルベルデ・ベルモンテ(Alejandro Valverde Belmonte 1980年4月25日- )は、スペイン・ムルシア出身の自転車競技(ロードレース)選手。

アマチュア時代はスペインの名門プロチーム・ケルメ()のアマチームに属し、プロ入り後もしばらくケルメに籍を置いたが、2005年から始まるUCIプロツアーにケルメが出場できないことから、ケス・デパーニュに移籍。

2003年はブエルタ・ア・エスパーニャ総合3位と複合賞獲得、世界自転車選手権・個人ロード2位と活躍。2004年はブエルタで総合4位に入る。

ケスに移籍した2005年はツール・ド・フランスでは第10ステージでランス・アームストロングを競り落として区間優勝するなど途中まで奮闘したが、膝の故障のため第13ステージで棄権。一方、同年の世界選手権・個人ロードでは、怪我のため欠場となった同種目3回優勝の実績者・オスカル・フレイレの代役としてスペインのリーダーを務め、トム・ボーネンに続く2位に入った。

4月19日のフレッシュ・ワロンヌを制すると、その4日後の4月23日に行われたリエージュ〜バストーニュ〜リエージュも制した。そしてこの時点でUCIプロツアー総合1位の座をトム・ボーネンから奪い、その後はついに1位の座を他選手に譲ることなく、2回目となる同制度の優勝者となった。またこの年のブエルタ・ア・エスパーニャでは、総合優勝を果たすことになるアレクサンドル・ヴィノクロフと熾烈な総合優勝争いを演じ総合2位。この他、世界選手権個人ロード3位、ツール・ド・ロマンディで区間1勝とポイント賞を獲得。

フレッシュ・ワロンヌ、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュでともに2位に入り、クリテリウム・アンテルナシオナルでは総合3位、ツール・ド・フランスでは一時総合2位につけた(最終的には総合6位)。しかし、同年8月29日、オペラシオン・プエルトに関与している疑いが持たれ、国際自転車競技連合より、同年の世界選出場禁止処分を受けたことからシーズン終盤を棒に振る形となった。同年のUCIプロツアーでは総合第4位。

3月に開催されたブエルタ・ア・ムルシアで総合2連覇を達成。アムステルゴールドレースでは3位。そして4月27日に行われたリエージュ〜バストーニュ〜リエージュでは、ダビデ・レベリン、フランク・シュレクとの競り合いを制し、2度目の同レース優勝を果たした。

ドーフィネ・リベレでは、第1ステージ及び個人タイムトライアルの第3ステージを制覇。第3ステージ終了後より総合首位に立ち、カデル・エヴァンス、リーヴァイ・ライプハイマーらの追撃を退け総合優勝。さらに、6月29日に行われた国内選手権個人ロードも制し、初のスペインチャンピオンに輝いた。

最高潮の調子で迎えたツール・ド・フランスでは、優勝候補に挙げられ(イギリスのブックメーカーによると、カデル・エヴァンスに次ぐ2番人気に推された。)、その期待に応えるかのごとく、第1ステージを制して自身初のマイヨ・ジョーヌを奪取した。しかし、第4ステージに組まれた、苦手とする個人タイムトライアルで遅れを取り(区間23位)、続く第5ステージで落車。さらにツールマレー峠を挟む第10ステージでは先頭集団から脱落したことから、この時点(総合14位。総合首位のエヴァンスとのタイム差は4分41秒)で、「今後は区間優勝狙いに切り替える」という、「敗北宣言」を行った。その後、アルプスのステージでは先頭集団に食らいつく走りを見せたものの、結局総合9位に終わった。

ツールの全日程終了6日後のレースとなったクラシカ・サンセバスティアンでは、11名のスプリント争いを制して優勝。UCIプロツアー・個人ランキングでも首位に躍り出て、そのまま首位の座を守りきって2度目の総合優勝を果たした。また、ブエルタ・ア・エスパーニャでは第12ステージでの凡ミスが響いて総合5位(区間1勝)。

ドーピングにかかる処分を受けた直後に出場したカタルーニャ一周において総合優勝。ドーフィネ・リベレでは、カデル・エヴァンス、アルベルト・コンタドールらを抑えて、総合2連覇を達成した。その後、後述の通り、ツール・ド・フランスには参加できなくなったため、ブエルタ・ア・エスパーニャに照...

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...