Loading...

3 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on May 16, 2019

オランダ鉄道, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=7... / CC BY SA 3.0

#オランダの鉄道事業者
#ユトレヒトの企業
オランダ鉄道

オランダ鉄道(オランダてつどう、オランダ語:NS, Nederlandse Spoorwegen)は、オランダの鉄道を運営する鉄道事業者で、旧オランダ国鉄を継承した、全国組織の鉄道事業者である。

旧オランダ国鉄(NS)は欧州連合(EU)の施策により上下分離が行われ、現在は以下の組織に再編されている。

本社はいずれも首都アムステルダムではなく、オランダ第4の都市で鉄道網の中心と言われるユトレヒトにある。

また高速鉄道や国際列車の運行を行う組織がKLMとの共同出資によりオランダ鉄道の子会社として2007年に設立されている。


オランダ鉄道は日本の約1割に相当する40,000平方キロの国土に約2800kmの鉄道網を有し、日本やドイツと並んで、鉄道密度が高い国である。また、旅客輸送密度はヨーロッパで群を抜いて高く、鉄道が国内交通で重要な役割を果たしている。

オランダ最初の鉄道は1839年、首都アムステルダムと、北海沿岸のハールレム(Haarlem)の間に開業した。以後、国内に路線網を築き上げた。1860年から鉄道の国有化が始まり、1917年にオランダ国鉄が発足している。

オランダの鉄道の特徴として、4大都市(アムステルダム・ロッテルダム・デン・ハーグ・ユトレヒト)を相互に結ぶ路線を中心に、オランダ国内の各都市を縦横に結んでいることが挙げられる。特に、前述の4大都市がある「ランドスタット」と呼ばれる地域は、鉄道の密度が高い。国内各都市へはいずれも数百キロの範囲内にあり、そのため、古くから都市間の高頻度輸送が充実してきた。これは現在でも、オランダ鉄道の基礎を成している。

ヨーロッパを代表する国際空港の一つであるアムステルダム・スキポール空港へのアクセスも充実している。アムステルダム中央駅までの所要時間は15-20分で、5~15分間隔で運転されているほか、国内各都市への直通運転を行っている。

またヨーロッパ最大級の貿易港であるロッテルダム港を擁することから貨物輸送も重視されており、2007年には貨物専用線であるベテゥベルートも開業している。

電化方式は直流1500Vで、電化率は7割を超えている。複線化率は約6割である。複線区間は右側通行である。

オランダ鉄道が計画している鉄道網整備の主なものとして、以下の事業がある。

いっぽうで採算性の悪いローカル線については地元の交通事業者に運営を移管するなどの動きも見られる。

駅数は約374駅存在する

なお、最近は、主要線区の混雑や過密ダイヤに起因するダイヤ乱れが常態化しているため、その対策として、2006年12月10日に、運転系統の大幅な再編を目的としたダイヤ改正が行われた。基本的には、種別を ""Intercity"" と ""Sprinter"" ""Stoptrein"" に集約し、""Sneltrein"" は削減されている。

長距離輸送を担うオランダ鉄道及び私鉄4社は同一の乗車券システムを取り入れているが、地域交通(メトロやトラム、バスなど)で用いている国内交通料金収受システムとは一部を除き互換性が無い。近年、地域交通で用いられる非接触ICカードOV-Chipkaartが一部のオランダ鉄道路線で利用できるようになったため、それらの駅では自動改札機が導入されているところもある。基本的には信用乗車方式を採用しているため、駅に改札機は設置されていないか、設置されている駅でも改札機を通らずに駅構内に入ることができる。

切符はあらかじめ駅構内の券売機か発券窓口で購入することが求められ、列車内や下車駅での運賃精算には高額な罰金が課される場合がある。国内路線の切符を発券窓口で購入する場合は手数料(Transactiekosten 0.50EUR)が掛かるが、自動券売機で購入する場合は手数料は徴収されない。自動券売機は硬貨・PIN・OV-Chipkaartだけを受け付けるものが多く、紙幣やクレジットカードに対応したものは非常に少ない。液晶モニタの付いた券売機は、英語表示にも対応している。

運賃は普通運賃・往復運賃・老人小児割引運賃などがあり、その他季節等により割引切符が販売されることもある。列車には1等車・2等車があるため切符購入時にどちらのクラスに乗車するか指定する必要があるが、国内路線では座席指定は出来ないため座席指定料金などは存在しない。自転車の持込には別途自転車持込券を購入する必要があるが、日本のように輪行袋に入れる必要性は無く車内にそのまま持ち込める...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...