Loading...

23 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Mar 15, 2019

トニー・ブレア, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=9... / CC BY SA 3.0

#イギリスの首相
#イングランド選出のイギリス庶民院議員
#イギリス労働党の政治家
#スコットランドの政治家
#イェール大学の教員
#ヨーロッパの社会主義
#イラク戦争の人物
#議会名誉黄金勲章受章者
#大統領自由勲章受章者
#イギリスのカトリック教会の信者
トニー・ブレア

アントニー・チャールズ・リントン・ブレア(、1953年5月6日 - )、通称トニー・ブレア(Tony Blair)は、イギリスの政治家、弁護士。

首相(第73代)、労働党党首(第18代)、下院議員(7期)を歴任する。いまだ前近代的・封建的な慣習や制度が残存していたイギリス貴族院において、世襲議員議席数の制限とイギリス最高裁判所の権能独立という二大改革を成し遂げ、本来のあり方に近い権力分立制の確立を達成した。また、を成立させた。

スコットランドのエディンバラ生まれ。父親レオは法廷弁護士、ダラム大学法学講師などを務め、保守党の下部機関「ダラム保守協会」の会長も務めた。彼は、オーストラリアのアデレードやイングランドのダラムで幼年期のほとんどを過ごす。ブレアが10歳のころ、父親レオは心臓発作で倒れてしまう。

「スコットランドのイートン校」として知られるエディンバラのフェテス・カレッジを1971年に卒業。そこでの人間関係で、後に彼が大法官に任命することになるチャールズ・ファルコナーに出会った。ただし、ファルコナーは、グレナールモンドのトリニティ・コレッジ出身。フェテス・カレッジは校則の厳しい学校であったが、ここでのブレアはよく規則を破る問題児であった。

卒業後、1年間の休暇を取ってフランスへ渡り、アルバイトなどをして過ごす。そのため、ブレアのフランス語は流暢である。その後、オックスフォード大学セント・ジョンズ・カレッジで法律を学ぶ。在学中には長い髪をし、「アグリー・ルーマーズ(醜い噂)」というハードロックバンドのボーカリストとしても活動した。と同時に、かなり年上の友人ピーター・トムソンから影響を受け、スコットランドの哲学者・ジョン・マクマレイの思想、キリスト教社会主義に傾倒する。アイザック・ドイッチャーを通してマルクス主義の影響も受けたと語っている。この時期の友人に後にウガンダの外相となるオララ・オタンノがいた。また、フェビアン協会に所属していた。

大学卒業の2週間後、母親を亡くす。また、労働党に入党したのも大学卒業の直後である。法廷弁護士資格試験のためにロンドンのリンカーン法曹院で修習を行い、法廷弁護士となる。また、この司法修習を担当したブレアの師が後の大法官デリー・アーヴァインで、後に妻となるシェリー・ブースとは同僚であった。1980年春、シェリーと結婚する。

1982年ビーコンズフィールドでの補欠選挙に出馬するものの、ここは元々保守党の地盤であり、なおかつフォークランド紛争の真っ只中で、保守党への追い風が吹いていた選挙だけに、当選は果たせなかった。しかし、この補選でブレアの応援に駆けつけたマイケル・フット党首やニール・キノック、ジョン・スミスら党指導部は一様にブレアの才能を認め、中でもフット党首はBBCのインタビューで「我々はブレアが言っているすべてのことを誇りに思う。結果がどうであれ、彼はイギリス政治の中で大人物になると信ずる」と絶賛したほどだった。

1983年の総選挙において、30歳でイングランド北部のセッジフィールド選挙区から労働党下院議員に選出される。翌1984年、大蔵・経済関係担当野党スポークスマンとなる。1987年には影の内閣の「閣僚」となり、1988年まで影のエネルギー担当大臣、1988から1989年まで影の雇用大臣として活動した。その後、雇用担当野党スポークスマンを経て、1992年から1994年まで影の内相を務めた。

ブレアはその盟友ブラウンらとともに、党の近代化を唱える「モダナイザー」と呼ばれるグループのリーダーだった。モダナイザーたちは、反資本主義的な政策を改め、サッチャー革命の恩恵を受けた中産階級に新しい支持層を求めるべきだと主張した。

1994年、前党首ジョン・スミスの急死後に開かれた党首選で臨時党首であったマーガレット・ベケットらを破り、労働党党首になる。労働党の大会での一般党員の投票権を強くして、労働組合のブロック投票を著しく制限した。労働党の党綱領から、生産手段と輸送の国有化を削除して経済政策を自由市場経済に転換する「第三の道」と呼ばれる路線に変更する。1997年の総選挙で労働党を地滑り的勝利(659議席中419議席を獲得)に導き、英国首相となる。

ト...

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...