Loading...

No views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jun 27, 2019

アルフェウス・ウィリアムズ, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1... / CC BY SA 3.0

#1810年生
#1878年没
#コネチカット州ミドルセックス郡出身の人物
#アメリカ合衆国陸軍の軍人
#ミシガン州選出のアメリカ合衆国下院議員
#アメリカ合衆国の外交官
アルフェウス・ウィリアムズ

アルフェウス・スターキー・ウィリアムズ(英:Alpheus Starkey Williams、1810年9月29日-1878年12月21日)は、アメリカ合衆国コネチカット州出身の弁護士、判事、ジャーナリスト、アメリカ合衆国下院議員であり、南北戦争の時は北軍の将軍だった。

ウィリアムズはコネチカット州ディープリバーで生まれた。1831年イェール大学を法律の学位を取って卒業した。父はウィリアムズが8歳の時に死んでおり、かなりの遺産を遺してくれたので、それを遣って1832年から1836年の間合衆国とヨーロッパを広範囲に旅した。アメリカに戻ると、1836年に急発展をしていた辺境の町ミシガン州デトロイトに落ち着いた。弁護士として頭角を現し、著名な家系の娘ジェーン・ヒアフォードと結婚して、5人の子供が生まれたが、そのうち2人は幼時に死んだ。ジェーンも1849年に30歳で死去した。

ウィリアムズはデトロイトで様々な職業を経験した。ウェイン郡の遺言検認判事に選出され、1842年にセントクレア銀行の頭取を務め、1843年はデトロイトの日刊紙『アドバタイザー』の社主と編集者となり、1849年から1853年はデトロイトの郵便局長となった。

1836年にデトロイトに来たとき、ミシガン民兵隊の中隊に入隊して、長い間市の民兵隊活動との結び付きを続けた。1847年、米墨戦争に向かう連隊の中尉に指名されたが、この連隊は到着が遅くて戦闘に参加することは無かった。州民兵局の局長も務め、1859年にはデトロイト軽装警備隊の少佐となった。

1861年に南北戦争が勃発したとき、ウィリアムズは州内最初の志願兵の訓練に関わった。1861年5月17日に志願兵の准将に昇進した。訓練キャンプを離れた後の最初の任務は、10月から1862年3月まで、ポトマック軍ナサニエル・バンクス少将軍団の旅団長だった。その後3月13日付けでポトマック軍第5軍団の師団長に就いた。この師団は4月から6月までシェナンドー方面軍に転属された。ウィリアムズとバンクスはバレー方面作戦で南軍ストーンウォール・ジャクソン将軍と戦うために派遣され、完全に出し抜かれて、ジャクソンのかなり少ない軍隊のためにシェナンドー渓谷で動けなくなった。

6月26日、ウィリアムズ師団は北バージニア方面作戦のためにジョン・ポープ少将のバージニア軍に転属となった。シーダー山の戦いではバンクス軍団が再度ジャクソン軍と対戦し、再度破れた。ウィリアムズの師団は第二次ブルランの戦いには間に合わなかった。

ウィリアムズ師団は再度ポトマック軍に付けられ、第12軍団第1師団となって、北のメリーランド方面作戦に向かい、アンティータムの戦いに参戦した。その途中で師団の部隊が有名な南軍の「失われた伝言」特別命令191号を発見した。それにはロバート・E・リー将軍のこの方面作戦に関する作戦が記されており、ポトマック軍指揮官ジョージ・マクレラン少将に如何にリーの分散した軍隊を破るかについて重要な予見を与えた。師団はシャープスバーグで激しい戦闘を行い、またしても南軍左翼でジャクソンと戦った。軍団長のジョセフ・K・マンスフィールド少将がアンティータムの初期に戦死し、ウィリアムズは一時的に軍団指揮を引き継いだ。その軍団はジャクソンに対する攻撃で25%の損失を出し、ジョージ・S・グリーン准将の師団はダンカー教会まで進んでいた陣地から撤退を余儀なくされた。ヘンリー・W・スローカム少将が戦闘直後にウィリアムズに代わって恒久的軍団長に座った。

ウィリアムズ師団はポトマック軍の次の主要戦闘であるフレデリックスバーグの戦いには、予備隊としてポトマック川を守っていたために参戦できなかった。1863年5月2日のチャンセラーズヴィルの戦いでは、ストーンウォール・ジャクソンの部隊が急な側面移動を実行し、ポトマック軍の右翼を潰し、予想もしていなかった第11軍団に厳しい損失を与えた。第11軍団に隣り合っていたウィリアムズ師団は急遽塹壕に入り、ジャクソン軍が北軍全軍を破る前にその進軍を止めることができたが、その過程で1,500名の損失を出した。

ゲティスバーグの戦いでは、1863年7月1日の初日午後遅くに戦場に到着しゲティスバーグの町の東、ベンナーズヒルに陣地を占めた。この時点でヘンリー・スローカムは指揮...

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...