Loading...

<平昌五輪>8年ぶりに冬季五輪に出場した北朝鮮、メダルなしで終える (2/22)

170 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Feb 21, 2018

<平昌五輪>8年ぶりに冬季五輪に出場した北朝鮮、メダルなしで終える

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/201...

2010年のバンクーバー大会以来、8年ぶりに冬季五輪に出場していた北朝鮮がメダルなしで2018平昌冬季五輪を終えた。

 去る2014年のソチ大会に不参加だった北朝鮮は、今大会に歴代最大規模の22人の選手が出場した。女子アイスホッケー合同チームのメンバー12人を含め、アルペンスキーとフィギュアスケート、クロスカントリーなど4種目に名を連ねた。

 しかし世界との格差は大きかった。フィギュアスケートペア種目以外は、ほとんどが上位と大きな差を見せ低迷した。

 北朝鮮選手団は、今回の平昌冬季五輪に国際オリンピック委員会(IOC)から受け取ったワイルドカードを通じて出場資格を得た。フィギュアペアのリョム・デオク‐キム・ジュシクは北朝鮮選手の中で唯一、自力で出場権を獲得したが、出場の申し込み期限を逃してワイルドカードで平昌五輪に出場した。

 一方、北朝鮮が歴代冬季五輪で獲得したメダルは2個だ。最初のメダルはハン・ピルファが1964年インスブルック五輪スピードスケート3000メートルで銀メダルを獲得した。

 その後、北朝鮮選手が表彰台に上がるまでは長い時間がかかった。ファン・オクシルが1992年のアルベールビル五輪ショートトラック500メートルで銅メダルを手にしたのが2つ目だった。ファン・オクシル以降、北朝鮮は冬季五輪でメダルを追加できていない。

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...