Loading...

春日大社に最初期の日本刀 平安末期の古伯耆物「安綱」か

28,023 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jan 22, 2018

春日大社(奈良市)は22日、1939(昭和14)年に宝庫で見つかった無銘の太刀を修理したところ、平安時代末期の「古伯耆物」と呼ばれる最初期の日本刀であることが分かったと発表した。使ったり研いだりした跡がほとんどなく、日本刀が成立した頃の特徴を伝える。30日~3月26日に国宝殿で展示する。

 春日大社によると、刃長82.4センチ。形状や刃文の特徴から平安時代末期に伯耆国(現在の鳥取県)で作られた古伯耆物と判明。中でも、刀身の古さから、国宝「童子切」(東京国立博物館蔵)で名高い刀工「安綱」作の可能性がある。
 日本刀は、古代には刀身がまっすぐな「直刀」だったが、12世紀半ばごろには、反りや「しのぎ」が成立。その草創期のものとみられ、調査した東京国立博物館の酒井元樹主任研究員は「刀は使い手によって形状を変えていく場合が多いが、この太刀はほぼ制作時の姿のままで極めて貴重。現存数が少ない古伯耆物の中でもかなり長寸で珍しい」と話した。

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...