Loading...

27 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on May 8, 2019

チャンディーガル, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=5... / CC BY SA 3.0

#チャンディーガル
#インドの都市
#ハリヤーナー
#パンジャーブ_(インド)
#インドの州都
#インドの計画都市
#インドの連邦直轄領
#特別市
#モダニズム建築の世界遺産
#インドの世界遺産
チャンディーガル

チャンディーガル(英語:Chandigarh, ヒンディー語:चंडीगढ़, パンジャーブ語:ਚੰਡੀਗੜ੍ਹ)はインド北部の都市。パンジャーブ州ならびにハリヤーナー州の両方の州の州都を兼ねているが、どちらの州からも行政上は独立した連邦直轄領の一つでもある。街の愛称は"City Beautiful"である。

街の名前は、この地のヒンドゥー教寺院で祭られていたチャンディー女神に由来している。

ル・コルビュジエによる都市計画で国際的に知られ、ル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレの建築計画が数多く存在し、世界遺産「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」の構成資産ともなっている。

またインド国内で最も高い生活水準および収入水準を誇りとしている。現在、チャンディーガルの西隣にニュー・チャンディーガル計画がある。

1947年のインド・パキスタン分離独立の際、パンジャーブ州もインドとパキスタンに分離し、かつての中心地ラーホールがパキスタン側になってしまったため、新たに州都を建設する必要が生まれた。現存する都市を改造し州都とするプランが検討されたが、改造に適切な都市がないこと、政治的判断になどの諸事情により、新たに都市を建設することが決まった。この都市の名は、現在のハリヤーナー州パンチクラー県にかつてあったヒンドゥー教寺院で祭られていたチャンディー女神に由来し、チャンディーガルとは「チャンディーの砦」を意味する。

独立後のインドの都市計画において、チャンディーガルの都市計画は最も素早く実行された重要な計画である。なぜなら、パキスタンとの戦略上重要な場所であったこと、加えて独立インド初代首相のジャワハルラール・ネルーの個人的な興味があったからである。チャンディーガルは新しい現代国家、進歩主義の信条を反映することをネルーによって課せられ、ネルーはチャンディーガルについて「過去の伝統に束縛されない、将来の新しい国家の信条のシンボル」だと宣言している。都市計画および幾つかの建築物はスイス生まれのフランス人建築家および都市計画家のル・コルビュジエによって1950年代に計画された。実際にはル・コルビュジエは2番目に任命された建築家で、最初のマスタープランはアメリカ人建築家のアルバート・マイヤーとポーランド出身の共同設計者のマシュー・ノヴィッキによって計画された。しかしノヴィッキは不幸な事故により死亡し、1950年にル・コルビュジエが計画を引き継いだ。その後、ル・コルビュジエはインドに20数回渡航し計画を実行した。

1966年の11月1日にパンジャブー州の東側を分割し、新しいインドの州、ハリヤーナー州が誕生した。ハリヤーナー州をつくったことにより、ハリヤーナー州はヒンディー語が主要言語になった。そしてパンジャーブ州西部においてはパンジャーブ語が主要言語であることが保持され、今日でも主要言語である。

チャンディーガルはこの二州の境界上にある連邦直轄地となり、また同時に両方の州の州都としても機能することとなった。その後、1985年に当時の首相ラジーブ・ガンディーと、シク教徒を支持地盤とする宗教政党アカーリー・ダルとの間で結ばれた合意により、翌1986年チャンディーガルはパンジャーブ州への委譲が決まった。これはハリヤーナー州に新たな州都を作ることを意味したが、実際には他の県の交換の合意が遅れ、今日においても委譲は実施されていない。

2007年7月15日にはインド初の公共空間での喫煙禁止条例が施行され、喫煙者に対しては厳しい罰則が科せられることとなった。

チャンディーガルは北西インド、ヒマラヤ山脈山麓部のシヴァーリク丘陵地帯に位置する。面積はおよそ114 km²。また北側でパンジャーブ州と、南側でハリヤーナー州との間でそれぞれ州境を共有している。
正確な地理座標は.、平均高度は321mである。
チャンディーガルの気候は降雨量が少なく、年間通じての気温の寒暖差が大きい(-1 ℃ to 46.5 ℃)。亜熱帯のモンスーン気候に分類される。12月から1月の冬季においては霜が降りることもある。年間降雨量は1110.7 mmである。冬季では時折、西側からの雨が降ることがある。

マイヤー、ノヴィッキから事業を引き継いだル・コルビュジエは、CIAMの都市計画の原...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...